人気ブログランキング |

6L-Test

6L-Test
レンジファインダーによる俺好みのボケは、光が弱いほうが良さそうだなぁー
写真の場所は、ひんやりした日陰です。
けっこう良い感じに撮影できてるよなぁーー

Camera:Canon
Model: VI-L(6L)
Lens: Canon50mmf1.2LTM
Film:kodak SG 400
Ex:1/1000s
Ap:f/1.2
Fl:50mm
Distance:9.5ft
Time16:40
Commented by amagatsu at 2010-04-20 23:30
Kodakって使った事がないのですが、どんな特徴がありますか?
とりあえずネガで試そうかと思いますがお勧めはなんでしょう。
私も50mm/F1.2のLマウント玉がありますが絞り開放のボケ具合は
掲載の写真の様な感じですか?
Commented by moblue at 2010-04-22 09:06
>>amagatsuさん    どうもですー
自分は、今年がレンズ&フィルム元年という駆け出しです。自分の感じでは、コダックの鮮やかさですかねー
自分は、使った事無いですが、多くのかたの作例を見る限り、なかでも、『コダック プロフェッショナル エクター100 カラーネガフィルム』の鮮やかな発色は、虜になるかと。。。
自分は、開放によるボケし写真というか、滲みにより立体的に見える写真が好みなので、薄暗くなる滲みを目指しています。そのため、回りが明るい日中より、日が傾いた時が良いので、日中のボケは、この感じと異なるかと、。
Commented by amagatsu at 2010-04-25 23:27
なるほど。そうですか。
私はフィルムは殆どがベルビア100のリバーサルです。
っていうかポジもネガもあまり色んなメーカでの撮り比べはしてません。
Kodakで思い出しましたがネガやリバーサルで30年位経過したフィルムを
売ったことがありますが結構良い値が付きました。一体どのような画が出るんでしょうね。
昨今フィルム価格がジワジワ上昇中で今後の事を色々と危惧しています。
特にラボの淘汰/縮小/集約が激しくてリバーサル現像にも苦労します。
ネガカラーはまだましですが現像機械のマシンレートや維持費を考えると
時代の流れには逆らえないらしくて近所のプリントショップは3店舗撤退しました。
話がそれましたが、私も大口径玉での絞り開放撮影(85mm/f1.4/f1.8等)の魅力にはまって
写真を始めたのがきっかけです。その後はマクロ撮影にもはまりました。
10月の午後4時頃前後の斜光条件による絞り開放が一番好みです。
Commented by moblue at 2010-04-26 19:23
>>amagatsuさんどうもですー
なるほどなるほど。開放撮影は、光が弱い時間がイイ感じですね。
古いカメラから想像すると、シャッタースピードも、そんなに必要ないようですね。
あと、自分は、50mmで写るパースペクティブも好みです。
Commented by amagatsu at 2010-04-26 23:15
50mmに始まり50mmに終わるとも言われていますね。
私は85mmが一番自分の距離感に合っていて使い易いです。
お気に入りを見つけたらその画角でとことん撮って見ると
良いのではないかと思います。
世間一般の標準は横に置いて、自分だけの標準レンズを見つける
とさらに世界が広がるでしょう。
Commented by moblue at 2010-04-27 08:54
>>amagatsuさんどうもですー
クルマ雑誌のドライビングインプレッションの比較のように、自分で実際にやってみると、情報と異なりますからねぇー
いろいろ奥が深いです。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by moblue | 2010-04-20 22:07 | Rangefinder | Comments(6)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue