人気ブログランキング |

高い感度

metal
写真は、茨城県神栖市・波崎にて撮影です。写っているのは、手前から、波崎、利根川、向かいの銚子市です。
なかなか発売にならないEos-1D X である。レンジファインダー撮影スタイルの俺が、この機種にインスパイアーされるのは、『連写』より、『高感度』というところだなー。(Eos-1ファンなら、「好感度」なのかもしれないな)
ホントかどうか知らないが、記事に『キャノンの市場調査において、高画素より高感度が求められている事が判った』とか書かれていた。
実際、『高感度』だと、どのように良い事が有るのでしょうかねぇー。素人の俺は、いままで特にISOに関して意識していなかった。ボケをレンジファインダーで撮るための低感度ぐらにしか考えていませんでした。
そこで、いろいろなかたの作例の中で、ISO100 、ISO400、ISO800 とか見ていくと、シャッタースピードが稼げるってことなんですかねー。撮影状況において、『具体的に、人の目では薄明かりな場所だけど、カメラでは相対的に明るい場所と同等になり、結果、シャッタースピードが上がり、明るい良い写真が撮れる』ってことなんでしょうかねー。素人考えなんですけど・・・
それから、気になったネットの記事に、『高感度が、EF50mmf1.0Lを必要としなくなるだろう』的な文章を読んだのだ。んーーー、確かに、『シャッタースピードを上げられるとは、相対的に明るいレンズ』 ってことなんかなー。 また、『F値が大きくても、レンズ材質の透明度が増せば、高感度のお蔭で、相対的に、F値が小さい』ってことになるのでしょうかねぇー。
それにしても、俺は『 F1.0〜0.95 は、さらなる暗いところで撮れるのでは? 』って一瞬思ったのだが、『そんな撮ろうとする状態が、暗さの限界を超えていたらやはり必要としないよなー。 そんな状況じゃ、被写体自体が存在しないよな。赤外線になっちまうよなー』って思ったのだった。。。
やはり、EF50mmF1.0L は、ISO固定の旧機種、フィルム機種にて真価を発揮し、1D Xでは、お役御免なのかもなー。
フィルムの時は、はじめにフィルムのISOが決まってしまうので、絞りとシャッタースピードを気にした動作となっていたが、これからのカメラユーザーは高価なレンズが無くても、絞りとシャッタースピードとISOが同等となった三次元での決定空間となるのでしょうかねぇー。メーカーでは研究開発費の負担が減るのでしょうかねー。たしかに、ニコンで F1.0 は、出ていない・・・、否、出さなくても良い時代となっていくのでしょうかねー。そして、iPhone4Sには、HDR機能が搭載されていた。
まっ、ああだこうだ言っても、俺は、好みの滲んだ開放写真が撮りづらくなるのだけは、いやだなー
Commented by Gatto at 2012-04-10 00:01 x
大口径レンズの開放で撮る楽しみはこれからも絶対なくならないと思います。
例えば50mmF1.2って高いのにとても売れているような気がするんですが。
個人的には日没前後手持ちで撮るのが好きなので高感度が良くなるのは歓迎です。
Commented by caprice_pic at 2012-04-10 20:31
ご心配なく、暗い所では人間の目よりも明るいレンズが必要になりますよー。じゃないとピントが合いません。高感度は露出時の光量を稼ぐのに必要ですが焦点を合わせるのには役に立ちません。と、夜桜を撮りつつ思った次第であります。
Commented by moblue at 2012-04-16 10:34
>>Gatto さん どうもですー
ISOの自由度が上がって、小口径レンズでも大口径レンズと似たような機能が部分的に保てると思ったのです。実際は、ピントも絡んできてちょっと異なるのですかねー、試してみたいところです。NDフィルターとの関連性も変わってきそうですねー
Commented by moblue at 2012-04-16 10:41
>>caprice_pic さん どうもですー
なるほど、具体例をみさせていただきましたです、ピントというファクターを軽くみてしました。
自分でも試してみたいです、1D X って、1D C の残骸なんですかねー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by moblue | 2012-04-08 07:06 | Canon_digital | Comments(4)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue