ブラックボディにすべきだったかと・・・

Graphite x-pro2

以前、FUJIFILM・ミッドタウンにてX-T1 GraphiteEdition を手に取って見た瞬間、
美しい〜〜!と感じ、その気持ちの盛り上がりが忘れられなかった。
とにかく、美しかった。
その影響が強く、カタログ判断で、X-pro2 GraphiteEdition を行ってみるのだった・・・
が、しかし実際にX-pro2graphiteEditionを手にして見た第一印象は、なんかカタログ負けのような、
しかも正直、プラスチッキーに見えるですよー
どうしてだろうと、いろいろ考えて見ますと、天板と正面の折れが、きっちり90度でなくて、正面がちょっとラウンドしているです。そして光の反射が微妙にボディを軽く見させるです。アップした写真の正面上部の白く反射している部分です。
この部分の、graphiteの曲がりの反射が、俺にプラスチッキーに思わせるのだった。。。
んーーーブラックにすればよかったかとプチ後悔が時々顔をのぞかせるのだった。

X-pro2は発売から2年がぐらい経つのでスペック等は、ファンサイト等を見てもらうとして、
この機種に搭載されているファインダーに、俺は感動しました。
X-pro1では、OVFの時はただのグラススルーファインダーで、なんだこれーって感じでした。。
X-pro2では、OVF内の隅にフォーカス部分がEVFで表示されるですよー。またイジっていたらEVF時に、四角い歪み範囲が出るようになってしまったです。これは初期不良かと思っていたら、EVFでのピント合わせに、ノーマル、ピーキング、そしてスプリットビューがあるですよー。俺は、フィルムカメラで、ファインダーのピントはマットだったので、スプリットビューを少し忘れていたです。いやー、こんな風にできるんですねー。スプリットビューを故障だと思った俺は、こっぱずかしかったです。
X-pro2は、精々、画素数、感度やフィルムシミュレーションの追加ぐらいだと俺は侮ってしまった。メモリースロットも2箇所だし、やはり、電子機器はマニュアルをよく読まなくちゃいけませんねーー。
ユーザーサポートのお姉さんに返り討ちにされないようにしましょ。

ちなみに、このgraphite Editionには、同色鏡胴のXF23のレンズ付きなのだが、このレンズはT1のgraphite Editionに装着しようと思っているのだった。。。
X-pro2GEには、ブラックのCarlZeiss32mmが似合いそうー

(撮影:iPadPro12 )



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by MoBlue | 2018-03-07 21:32 | Fujifilm X-Series | Comments(0)