人気ブログランキング |

カテゴリ:Sony_α_system( 68 )

静かなとき

sample
(撮影:Sony-A900 + minoltaAF1.4/50 , 現像なし/B&W )
EVFの場合、覗いたファインダー内の画像が、記録される。
OVFの場合、どんな画像が撮れたのかは再生するまで解らない。(再生時にハッとするのもいいのですけどね)
OVFのA900の場合、2種類のプレビュー(インテリジェントプレビュー、光学プレビュー)がある。
インテリジェントプレビューでは、プレビューボタンを押して離すと、カメラはシャッターを切ったような動作をして液晶画面に”シャッターを押すと撮られる映像とExifの可変データ”が表示されます。
この可変データをいじって、好みの画像状態にして、再度ピント合わせしてシャッターを切ることで、本撮影(メモリーカードにデータが記録される)となります。
なんと言いますか、撮影データの前現像をして無駄うちによる写真削除がすくなくなる って感じですかねーー
現代的には、なんかゲ◎ム編集のような工程でしょうか、でも後世には影響しない、、ハハ

α900はいいカメラだと思うなー



by MoBlue | 2018-12-07 12:55 | Sony_α_system | Comments(0)

showa

Showa (old-fashioned)
(撮影:Sony α7R + Canon S50mmF1.5LTM , 現像無し)

昭和の香りがプンプンする柄と色合いでしょうか、。


by MoBlue | 2018-11-12 21:44 | Sony_α_system | Comments(0)

突如蘇る f0.95part2

DSC02732BW
AP 0.95 SS 1/500 ISO 6400
夜ですが F0.95で撮ってみました。SSは、こんなもんですかねぇー
撮ったままです。ノイズリダクションも、オフで現像です。拡大すれば、判ります。
現像は、Image Data Conveter Ver. 4.2.04.17261です。
ISOの設定で、もっとフィルムっぽくなりそうな気がするなー。
Flickrサイトにて、検索で「A7 0.95」入れると、多々出ますよ カッチョイイ写真が、。



エキサイトにデッカい写真の入れ方が判りません。回転してしまいます。Flickrで見て下さい。

(撮影:Canon50mmF0.95 + SONY a7R)
by MoBlue | 2014-12-29 02:38 | Sony_α_system | Comments(8)

突如蘇る f0.95

Canon50mmF0.95 + α7R + mountAdapter

視力もついていけないし、Mマウントへの改造も好まない俺に、
Canon50mmf0.95 なるレンズは、ショーウインドーで見るように、ただただ防湿庫内で燦然と輝いていました。
が、昨今は、その輝きも曇りかけてと言うか、存在すら忘れかけていた。半年前にCanon7の整備はしたのだが、撮影しようとする動作が伴わない。と言うのは、キタムラパララックスとフィルムスキャンがどうしても壁となって俺の前に立ちはだかるからだ。
OldLens が再び注目を浴びるなか、SONYの α7 を手にし、俺もその波に乗るのだが、唯一の異型LTMレンズ 0.95は、フィルムの方を向きつづけていた。
そうこうしているうちに、Leica Summicronを手にし、ライカの解説本を探しに本屋にいきますと、オールドレンズライフなるMOOKを発見するのだった。Vol.1から読みこんでいくと、Vol.4 の記事「α7シリーズで甦るマニアックレンズ」に釘付けになるのだった!
なんとなんと、α7 にCanon0.95レンズを付けるマウントアダプターが販売されていると書かれているでは有りませんかーーー!!
カーッと厚くなるのを押さえ、Vol.4を持ち帰り、読んだ2日後、俺はそのマウントアダプターを手にした。実際にそのマウントアダプターを介し 俺のF0.95をα7に装着した写真が、このアップした写真です。
写真の状態で手に持った感触は、newF-1 に FD55mmF1.2 を装着して手に持ったときの感触に似ています。いい感じ〜〜。
つ、つ、ついに、俺の 0.95 は、α7 の御陰で、突如蘇るのでした。
そして、俄然、サイレントシャッター付き α7S が欲しくなるのだった。。。

加えて、驚いたことですが、このアップした写真の状態のままで、α7 の純正カメラケースに収まるですよー
ちなみに、newFD50mmF1.2Lもフードを付けたままでも、このカメラケースに収まるですよー
私見ですが、やはりCanon newF-1を参考にしたんじゃないですかねぇ・・・はは。。。

L(with0.95)→E-mount
三晃精機製 http://www.sankouseiki.com/

(撮影:iPhone4S)
by MoBlue | 2014-12-27 01:11 | Sony_α_system | Comments(6)

格好良かったバイク

bike
(撮影:Summicron 5cmF2 collapsible LTM +SONY a7R)
高速の大黒ふ頭PAに寄ると、毎度のことながら何かしらのクルマ集団を見る事ができる。
俺は、ズミクロンでの試し撮りがしたくてしょうがないから、コースが如く螺旋ランプを降りてゆくのだった。。。
おぉー、見た事も無いかっこいいバイクだ! どちらかというと、モノとして欲しいバイクだが、それはよいとして、撮影許可を頂き、試写を繰り返すのだった。。。
Leica Summicron 5cmF2 collapsible LTM は、実にいい感じに撮れますねー また、α7 の良さを再確認させられます。



by MoBlue | 2014-12-25 01:09 | Sony_α_system | Comments(2)

これがズミクロン〜!!

Car HB
撮ってみないと、否、ファインダーを覗いてみないと、ピントが来ているか判らないオールドレンズということで、装着して試してみるのだった。
そして、伐ってみました。
んーー、これがSummicronなのかーーー 由来するとおり、細部まで撮れた感じです! 
summicronの性能を引き出すα7Rもいい感じです!

モノクロで撮るなら、α7R
カラーで撮るなら、α7S
って、個人的には決めているのだった。。。はは

(撮影:Summicron50mmF2 L + SONY a7R)
by moblue | 2014-10-28 23:01 | Sony_α_system | Comments(2)

「とりあえず・・・」

Summicron 5cmF2 with Hood + α7R
先週末は、天気もよく行楽日和で渋滞が結構起きていたなー。コーヒー&トイレのためにコンビニに立ち寄ると、トイレ渋滞だった。並んだ目の前の雑誌を立ち読みしていたら、「bar入門」って雑誌があり、めくると 「ここは、バーなのだから『とりあえずビール』とは言えないだろう、ではなんと切り出す?・・・」というのに目が止まる。バー入門編だし、俺は常連ではあり得ないからシブく「いつもの」とは当然言えないよなー、でなんと言うのか読み進もうとした時に俺の番になっちまい、気になっている。、バーにはバーなりの「とりあえず・・・」があるらしい。
そんなバルナック好きの俺が、ついに
Summicron 5cmF2 LTM COLLAPSIBLE(1957)
をいってしまって「とりあえずズミクロン・・」が口癖、いや定番化しそうだ。
だがその前に、スナック常連ではない、バルナック常連の俺は「*いつもの*バルナックボディーに装着し眺めてカラウチ」…ちゃんちゃん 

(撮影:iPhone4S)
by moblue | 2014-10-27 22:45 | Sony_α_system | Comments(2)

darkside

memory
コーヒーを口に含むだけで気分が和らぐ。
湾岸幕張PAの上りにあるコーヒーチェーン店にて休憩を取るのだが、ドリップコーヒーが切れたそうで、ちょっと待って頂けますか?ということなので店前で待つことにした。すると次から次へやって来る人に気づき、クルマからα7を持ってきたのだった。。
ファインダーを覗きますと、シルエットがとても綺麗だったもので、もう癖となっている動作、EVF内のピント枠をすーっと右にずらせ拡大ピント合わせ後に伐らせて頂きました。
なんかいい感じ〜・・・ギャルの心のダークサイドが撮れた気がします。。。はは
by moblue | 2014-05-09 19:09 | Sony_α_system | Comments(8)

和食料理職人

washoku cooking craftsman
先日でしたっけ、和食が世界遺産になったとか、。
そこで、和食の料理職人を撮らせて頂きました。
オーラがでておりました。顔のしわが、実に良いのだった。
確かな仕事で、料理も旨いです。

手にしていたLeica summitar 50mmF2.0 を使ってみるのだった・・・いい感じですー

んーー、俺はそんなに枚数を撮らないので、メモリーカードを、フィルムのようにして撮影データを管理しようか迷うのだった。RAWデータをじっくり弄るわけでもないしなぁ。。。

Exposure0.002 sec (1/500)
Aperture f/2.0
Focal Length 50 mm
ISO Speed 2500
Exposure Bias 0 EV
FlashOff, Did not fire
Distance 2.5m
SoftwareImage Data Converter
by moblue | 2014-02-25 04:06 | Sony_α_system | Comments(2)

縦位置グリップ

smc Pentax-A50mmf1.2 + alpha 7r with VerticalGrip
ネットにて、α7に縦位置グリップを付けて、正面から撮った写真を見た時、俺には、チャイ○ーズっぽいデザインに見え、ちょっぴり好みじゃないなー って思ったのだが、Youtubeとかで使われている時でのデザインを見ると、いずれ欲しくなり手に入らないと困るから、とりあえずゲットしておこう ってことで実物に触れることなく、注文を入れたのだった。。。
そんな次の日、量販店のカメラコーナーにて、実際にα7にヴァーティカルグリップをつけて試写ポーズをとると、瞬時に思うことが有りました。空かさず、店員さんにグリップ&カメラを渡しながら 「これ、どうですかねぇ〜」って、意見を求めますと、俺が真っ先に思ったことと同じことを言ったです! 
「(横位置で持った時に)いまいち小指がしっくりこないんですよねぇ、しかも小指が痛くなる」で同じでした。しかし縦位置で持った時はいうと、大きく削れた部分に右手中指がジャストフィットして、カメラをホールドしやすいです(ただEOS-1Dxのようには、その他の多くのボタンの配置がα7では考慮されていない)。
縦位置グリップを付けて暫く使ってきた今、横位置の時は、小指がグリップから外れないようにしてカメラを持っています。手の大きい人は、どうでしょうかねぇ〜 縦位置グリップ内には、電池が2ヶ入りますが、1ヶだけでもカメラは作動します。カメラボディーの薄く小さいα7に縦位置グリップを付けると、小型軽量の「小型」とは言いづらく、この時点で「軽量」って言葉も、俺の頭からは消えちまったです。でも、α7ボディーに、この縦位置グリップを付けた時、自分は重いとは感じなかったですよ。
それから、このグリップの造りは樹脂製で、俺には気分的にちょっとなーです。電池を出し入れする扉のロックがなんかヤバそうです。。。だってアップした写真の状態では、充電不可なので、電池の出し入れ回数も多くなるですよー。。。

追記:サイズ的に、横位置と縦位置のオーバーラップする部分のデザインが難しいのでしょうねー Eos-1のようなサイズだと大きさが十分に有り、全く気にしていなかった部分でした。
ロック部分をよく見ると、これはメカニカルフューズの造りになっていますね。ロックがかかる部分がパーツ交換できるようになっていますね。有る意味、故障を見越されているのでしょうか、。
(撮影:iPhone4S)

by moblue | 2013-12-25 22:35 | Sony_α_system | Comments(6)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue