げんをかつぐ

Leica M-A
フィルムカメラは確かに届いた。
が、ライカのカメラは天板にシリアルナンバーがエングレイブされており、カメラを手にすると必ず目に入るのだった。
俺も、そのカメラを手にして5分も経たないうちに目に入った。
フィルムチャージ&リリースしながらでも目に入った。
んーー、*****42かーー、42かー。ずっと使うには、俺には重過ぎる。げんをかつぐ俺には嫌味だわー。
ってことで、申し訳ないがこのカメラはものの30分使用で元箱に戻し処分したです。。。
ファインダーの特に二重像の見えは最高だったなー。

(撮影:iPadpro12)
[PR]
by MoBlue | 2018-03-31 00:26 | Leica_Film | Comments(0)

Leica M3 (1957) with summicron 50mmf2 (1957)

はじめて、ライカM3のファインダーをのぞいて二重像を距離を変え何回も合わせてみました。
えっ、ファインダー内で、パララックス補正もするんですねーー、驚きました。二重像を合わす時に、白いファインダー枠が動いたので、はじめは古いからガタがあるのかと思っちゃいましたわー ハハ
等倍ファインダーのBessaR3やキャノンのVI-Lとは違った見え方なんですねー
でもなんか、X-pro2のOVFもライカのM3のファインダーを思えば、X-pro2のOVFのパララックスをなるほどなと違和感が無くなってしまうのだった。。。

ちなみに、M3は、沢山のマイナーチェンジモデルの中からダブルストローク、標準シャッタースピード表示のモデルをいってみました。
ほんと何種類もあるんですねー。どっかのサイトに、「巻き上げレバーのラチェットモデル以降は、M6にもその流れが組み込まれていて本来のM3からすると残念」とあったのでダブルストロークを選んでみたのだった。フィルム巻き上げの初めの一発目にダブルストロークということ忘れていて、いきなり故障かよとムッとしたが、2回しっかり巻き上げるんですねー これも驚きでしたわー。
これが、世紀のライカM3かーー

追記:なんどもなんどもフィルムチャージ&リリースを繰り返していたら、巻き上げ時にM3は鳴きを発するようになったです。しかも、巻き上げレバーで巻く時にレバーが重くなっている。
結局、専門店に、点検整備に送るのだったが、「暫くお預かりします」と即答だった。


追記:待つこと3ヶ月、ようやく整備されて戻ってまいりましたー

   巻き上げレバーで巻いた瞬間、イイー!! 滑らか〜 素晴らしいです!

   この頃エイジドにこだわっていたのでボディーカバーの割れ欠けをそのままにしようと思ったけど

   ボディーカバーも交換していただきますと、美しいですー。



(撮影:iPadpro12)
[PR]
by MoBlue | 2018-03-12 20:46 | Leica_Film | Comments(0)

9年の時空を経て・・・

Leica M6J

月日が経つのは、経ってみるとあっという間に感じる
この三年の間、自分の行動が制限されていたがようやく自分のための行動ができるようになりそうだ
9年前は、こんなこと 2D改・俺のメタボ-01 を書いていた

人の感情は、両極端があってもプラマイ0になるのではないかと思っている。
先日、知人が風邪で入院したが、知人は病院の夜間の対応に我慢できなく揉めた。
人手不足とはタテマエだと思うのだが、夜間に患者に対して、看護士&介護士さんの仕事に対する態度が投げやりだったんだそうだ。。そこで俺が思うに、嫌な仕事についている一方で、プライベートで自分に自由なことをやっていないからそのような態度になるのじゃないかと、。
ってことで、ここのところ急激に仕事のストレスを、Leica M6J を手にすることで解消するのだった。。。
しかし9年も経ったのか〜〜〜 しかも、まさかドイツのお店からとは。。。なかなか気に入ったシリアル番号が無かったなー
時間が取れるようになり、ここ3年間に手に入れたカメラをようやく動かせそう

追記:M3に対して異常に興味が湧いたです。M3の50mmファインダーを覗いて見たい!!!
追記2:M3を手に入れようと思ったのだけど、調べると内容的に種類が多いんですねー。 納得できないボディーをつかんで後悔しそうでやめたです。

↓このパナソニックのカメラのレンズってライカなんですね、だからイヤにいい感じを出してんですねー 驚きました
(撮影:Panasonic DMC-FZ200 現像:Photos3.0にてモノクロ)

[PR]
by MoBlue | 2018-02-02 16:16 | Leica_Film | Comments(2)

M2 (1959)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by MoBlue | 2014-01-18 18:05 | Leica_Film