<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

My CanonⅡ-D2
ようやく求めていたキャノンレンズ50mmF2.8(設計者:向井二郎)を装着できました。黒川紀章氏のカメラと同等な状態になったのだ。これで自分の中では、2D改の完成形となったのである。どのように撮れるのでしょうか、。
 2D改に装着しますと、全体の見た目がやはりポップな良い感じに見えます。良いデザインです。撮ってないときも楽しくなりますねぇー。こんなところも、氏は、はじめてのカメラということもあり、写りよりこのトータルなデザインを選ばれたのじゃないでしょうかねー、。さらに衣服とのトータルなコーディネートもそこに有ったように感じます。
 レンズ資料に寄ると、このレンズは2D改の標準レンズらしいです。しかも、当時としては、新設計&新種ガラス2枚使用の4枚構成により解像力が増していたそうです。∞位置での留めを無くしたはじめてのモデルだそうです。鏡胴回転タイプと云い、絞りの前部分もいっしょに回転します。自分は、ネットに書かれていたサイズをもとに、このレンズ用フードやフィルタを先に買っておいたのですが、サイズが異なりました。実際に測ったらフィルター径は34mmぐらいでした。
晴れたら、試し撮りだなー。いや、曇りの方がいいかな、。
そうそう、2D改って、2Dの改良モデルではありません。4Sb改から、シンクロと1/1000を削除したモデルであり、キャノン最後のレンジ・ビュー・ファインダーです。

レンズ設計者 向井二郎 セレナー50mmF2.8 , 50mmF0.95
(撮影:DSC-W200)
[PR]
by moblue | 2009-07-18 08:49 | Leica Barnack-Leica | Comments(6)

水平線に向かって

For The Pacific Ocean
久しぶりに天気と体調も良くなってきたこのごろだった。
ようやく青空も見ることができ、撮影に良いかなと思えば、暑すぎました。
この場所でカメラを構えるのに、足元の柔らかいムワ〜っとした空気の砂浜を歩き、足元の滑りやすい熱い空気が上る波消し石を登ったのだった。カメラ設定の決定力が鈍るなかでシャッターは、押した。どう写っているだろか考えることも無く、来た道をクルマまで向かいながら、息はハアハア、視界はクラクラきたのだった。カメラには熱中しているのだが、今度は体が熱中症一歩手前だったか、。
アップしたこの写真を見ると、この時の状態が真っ先に思い起こされてしまうのだった。『このときはさぁ〜・・・』というフレーズが先に出てくるかと。。はは

撮影場所:千葉県長生郡一宮町東浪見海岸の突堤
Camera:CanonF-1
Lens:FD55mm1.2ssc
Film:Kodak gold 400
Ss:1/2000sec
Ap:f/10
FL:55mm
距離:8m
時間:14:00
フラッシュ:いいえ
[PR]
by moblue | 2009-07-15 14:29 | Canon Film | Comments(6)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue