人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

VC METER II

VCmeterII on IVsb-2
レトロな露出計も良かったのだが、ちょっぴり早くて正確な数値を出したかったことと、見た目のデザインで前から欲しかったコシナ・フォクトレンダーのVCメーターのバージョンII です。一段と、薄くスタイリッシュになりまして、新品をいってしまった。デジカメとフィルター以来でしょうか、新品って。。。はは
使い方は、すぐ判ったのですが、ランプの表示に戸惑いました。3つのLEDの真ん中がグリーンで、その左右の2ヶが赤いLEDとなっています。()ってことです。
ここで普段、ベッサのファインダーを覗いていると、適正露出を現すランプの右は、露出オーバーとなっている。当然、その逆だと、露出アンダーとなっている。普通、数学のグラフ的にも、ニュートラルの右が+で、左が−となっていると思う。
このVCメーターの場合、適正露出の右のランプ()が点灯する場合は、露出アンダーなのだ。当然、その逆の左のランプ()の点灯だと、露出オーバーとなる。んーーー、ちょっと戸惑うぜ〜〜。
そこで、何度も測っては、シャッタースピードと露出を設定してみるのだった。これは慣れかと繰り返し何度もやってみるのだった。するとどうでしょう、繰り返しやっていると、判ったことが有りました。それは、VCメーターの適正露出の右のランプ()が点灯する場合は、『数値を下げなさい』を意味するのだ。それは、シャッタースピードの数値または露出の数値を下げることなのだ。すると適正露出が得られます。当然、左のランプ()の点灯の場合は、『数値を上げなさい』を意味すると理解したのだった。(メーターのLEDは、”表示”ではなく、カメラマンへの回転方向の”指示”ということ
適正露出が得られたときに。シャッタースピードと露出の組み合わせが同時に5ヶ判るようになっています。これは便利ですね。。。
そして、今一度、取り扱い説明書を読み返すと、赤いランプが指示する方向がダイヤル(シャッターまたは露出)の回転方向を示していると書かれている。なんか、ただただ露出計頼りだと、そのような素直な解釈後の操作でも良いのかもしれません。
でもやっぱり、露出、フィルム面に光を載っける、すなわち”フィルム面に載っける光量”って解釈していると、このメーターのランプ表示は、まったく逆で、判りずらいのだった。。。
by moblue | 2010-02-25 22:25 | Rangefinder | Comments(4)

IV-Sb改with50mmf1.2LTM

Canon4sb-2 with 50mmf1.2
LマウントのCanon50mmf1.2のレンズが、ちょっとお気に入りになりました。
そこで、バルナック型レンジ・ビュー・ファインダーのIV-Sb改に取り付けてみたのだった。
なんかとてもカッコいいです。手にした感触も重さもいいです。露出とシャッタースピードが決めやすかったら、フィルム充填は我慢して、写真を撮るのだけどなぁ〜。
っと思いながら、ファインダーを覗きますと、二重画像部の円が欠けるのだった。。太いレンズボディー(外径57mm)がレンジファインダーに少しかぶりビューを妨げるのだった。
二重ピント円を、月に例えますと、上弦の月状態となるのだった。。。やはり、50mmf1.4がいっぱいでしょうか・・・
ちなみに、CanonLens50mmf1.2 について、
・ガウスタイプ4群7枚構成、7枚中4枚(前群2枚と後群2枚)が新種ガラス使用。
・外径57mmのため、無限遠のストッパーがほかと異なる。
・コーディングはアンバー。
by moblue | 2010-02-16 21:14 | Rangefinder | Comments(4)

ごみばこ

Garbage box in bicycle-parking space
とにかく、やたらに写真を撮れないこのごろ。撮る場所と言ったら、駐輪場等が無難のようだ。まっ、警備の人が怪訝そうな顔して遠くから見ていることがよくあるのだが、。
そんな駐輪場で、ひときわ輝いて美しかったゴミ箱が目につきました。何度となくカメラを縦横にして構図を考えて、距離と露出等をいろいろ試み、ようやくシャッターを伐ろうかと思った時に、ファインダーのなかに女子学生が自転車を乗付けて入ったのでした。おぉーナイスです、いただきます。って、1枚、シャッターを伐るのでした。
できあがりを見ましたが、いい感じです。。。はは

撮影場所:千葉県茂原市アスモ駐輪場にて
Camera:Cosina
Model:BessaR3M
Lens:CanonLens50mmf1.4
Film:Kodak Gold 100
Ss:500s
Ap:f/1.4
Distance:2.1m
Time:15:00
by moblue | 2010-02-15 18:31 | Rangefinder | Comments(2)

古い50mmf1.2(1956.08)

1.Canon_L50mmf1.2
ベッサRシリーズを使うからには、レンズをノクトンといきたい、しかもフォクトレンダー50mmF1.1 Mマウントといきたいのだが、いかんせん先立つものがない。
そんな中、かねてより使ってみたくてしょうがなかったCanonLens50mmf1.2を手にすることができた。。。
思っていたサイズより大きいですねー。くもり、カビ、変色等がよく言われていたので、その辺を注意しながら覗いてみますと、そのようなことの無いレンズで、とても奇麗なものでした。初期製造もののようで、距離表記の単位は、ft です。
今度の連休は、この50mmf1.2のレンズをベッサR3Mへ装着して、久々に撮りまくりたい。いろいろ言われているボケを試したいですねー。。。
by moblue | 2010-02-09 20:00 | Canon Film | Comments(8)

日はまた昇るか

Sunset
2001年スペースオデッセイから早10年が経ち、2010年を迎えた。
誰でも年頭には、『本年もよい年で・・・』とか、『本年はよい年で・・・』とか心に思うだろう。俺も元旦の初日の出を見ながら、そのようなことを思ったのも束の間、数時間後には嫌なことが起きた。そして、楽しいはずの正月、七草の日を過ぎてもいっこうに嫌なことが起きる力が衰えない。そのあとも、続いていろいろ起きて、迎えた月末近くには、10ヶ月前に行方不明となっていた知合いが、亡くなって発見され、急遽御霊前への参加となった。心なく睦月が終わろうとしていた。
まっ、この反動で、来月からは、きっと良いことがあるに違いないと思った1月31日の夜でした。
そして、明けた2/1、月曜の朝8時、警察官の突然の訪問。さきにこちらが警察官に事情聴取をすると、隣家で老婆が亡くなったことで隣家の人間関係についてのお尋ねだった。老婆が亡くなったとは知らなかった、今週また葬式かぁ。隣家は1家5人で住んでいながら、老婆の死後数日経っていたために検死となったようだ。このごろのDNA鑑定のあり方や、あとになって殺人事件となることが多いためか、それはそれは慎重を期したもののようでした。また1/31のNHKスペシャルで無縁社会のことを扱っていたが、家族がいても無縁社会となってしまうのは心が痛みますねぇ。
いったい今年は、この先どんな日々が待っているんだ。1/fゆらぎ的には、こんな状態は、いずれ去り、結果、待てば必ず好転するはず、日はまた昇るはずなのだが・・・
じっと待てないから今回は、力を入れて『鬼は外、福は内』を実行するか、成田山行くかだな。。。
そして。むしゃくしゃする日々が続くので、気分転換に中古パソコンを買ったのだった。
ノートパソコンを買いたかったが、やはり、見た目で以前から欲しかったデスクサイドマシンに決めたのだった。沈みゆくSUNのマシンだ。
実物を面前で見ると、シルバーがクールで心引きつけられるのだった。
がしかし、ここからOSインストール、アプリインストール、ネットワークサーバ設定等々の俺の行動プログラムを考えたら、なんか面倒、なんかとっても面倒だ。
しばしこのマシンは、インテリアにして現状マシンでいましょっと・・・そのほうが健康に良いし。。。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2010-02-02 19:41 | その他 | Comments(2)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue