人気ブログランキング |

<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

B!KE

B!KE
オートフォーカスを使いますと、自分は、撮影時間がとても早くなるのに気がつきました。レンジファインダーとかだと、ピント合わせしている間に気が変わってしまうのだ。良いなっと思った瞬間だよな〜。ただ1Vのボディーサイズはちょっと大きい感じだなー。9xi のサイズが手にフィットするなぁー。
でも、ES-E1にて 1v とパソコンと接続し、写真とデータを眺めるのが良いんだよなぁ。
ちなみに、写真にExif データを加えてみました。久しぶりにやってみたので、カメラデータとかちょっと抜けた。しかし、おもしれーなぁ〜。
by moblue | 2010-06-28 21:19 | Canon Film | Comments(2)

StandAlone

standAlonePhone
久しぶりに、Eos-1v を手にしますと、やはりシャッターを伐った時の音を聞かずにいられません。
ちょっとなのだが、伐ってみると、20〜30回はいってしまう。。。はは
そして、今度はフィルムを入れて伐ってみたのだった。。。
(おおぉっ、、、なんか光のいいボケとなっている)
by moblue | 2010-06-27 01:41 | Canon Film | Comments(2)

Jupiter-3 with StepUpRing

Jupiter3 with StepUpRing
Jupiter-3 のフィルターサイズは、40.5mmである。
レンズの異なるサイズにひとつひとつフィルターを揃えるのは、なかなかたいへんなので、手っ取り早い手段となると、やはりステップアップリングを揃える方法だろう。
55mmと58mmのNDフィルターしか持っていないのだが、R3Mファインダー内の二重像の邪魔にならない55mmの為のステップアップリング(40.5→55)を購入し、装着してみたのだった。
アップした写真は、ステップアップリングにキャノンフィルタ(SL39.3C)を装着したところです。
おぉ〜〜、なんかすっごくクール!! 
写真に撮ってみたのだった。。。(どうもコカコーラの瓶ガラスの色と重なる)
(撮影:Sony DSC-W200)
by moblue | 2010-06-18 19:52 | Rangefinder | Comments(2)

はじめてのJupiter-3

First time Jupiter3
Jupiter-3 でのはじめての1枚です。
久しぶりにプリントを見た時に感動しましたよー。まるでE-300のようなものがでてきました。
しかし、誠に残念な事があります。それはアップした写真は、プリントをスキャンした物ですが、プリント状態が再現されていません。色が全くでませんでした。とくに舟底の血のような赤と鮮やかな黄、そしてドロ〜っとしたブルーの空がでてませんです。スキャンした物に、これほど納得できない差を感じたのは、はじめてかも知れません。

撮る前に、Jupiter-3 について書かれていた気になることは、『ボディーがアルミのために、距離のレバーに接する所が減って、距離が合っていない事が多い』でした。
R3Mのファインダーを覗いて、黄色い浮きにピントを合わせてシャッターを伐ってみました。
やはり、もっと手前の船の先のほうでピントが合っています。数枚見ましたが、どれも手前で合っているです。ひどいものになると、7mぐらいで合わせたはずなのに、3mぐらいでピントが合っているです。これはどうしたもんですかねぇー。直せるんですかねぇ。
俺好みのいい色を出してくるので、直せるもんだったら直したい所です。。。
Camera:Cosina
Model:BessaR3M
Lens:Jupiter-3(50mmf1.5LTM)
Film:kodak GC 400
Ex:1/2000s
Ap:f/2.8
Fl:50mm
Distance:15m
T&D:15:00
by moblue | 2010-06-18 08:24 | Rangefinder | Comments(4)

ロシアン50mmF1.5

Jupiter-3
ロシアン・・って聞くと思いつくのが、俺には『ロシアンルーレット』、その事故で亡くなったテリー・カスが在籍したシカゴ、そして『if you leave me now』という曲に行着く。
ってのが、今までだったのだが、このごろは、ロシアンと聞くと、真っ先にはレンズだ!カメラのレンズが思いつくのだった。
ロシアンレンズは、これが2本目だ。1本目のインダスターは、さして試さずにカメラ付きで知人にあげてしまった。だが、ロシアンレンズをじっくり試したいと、思っていた。たぶん誰でもおもっているのじゃないでしょかねー。これが真のカールツァイスだぜみたいな意味合いも含んで、。
50mm派の俺は、f1.5を使ってみたかったこととロシアンレンズということで、このジュピター3(Jupiter-3 50mmf1.5)をゲットしてみた。スペック等は他のかたのページを参照してください。一番気になるのは、レンズを斜めに見てみると、アップした写真のように緑色が見えるところでしょうか、。どうなんでしょうかね〜。
なかなか撮り進まないのですが、早く見たくて見たくちょっと乱写ぎみ・・・
(撮影:Sony DSC-W200)
by moblue | 2010-06-16 22:09 | Rangefinder | Comments(4)

chaine

chaine
数字を読み間違えた結果、時間つぶしをしなければならなくなった。たぶん、外国のかただったら、時間つぶしなんて、貴重な時間を勿体ないというのでしょうねー
このようなときには、本を読むとかだったのだが、写真をやるようになってから、鞄の中には、カメラが忍んでいるのであった・・・本読まなくなったなー、iPad を買うべきか、。

Camera:Minolta
Model:9xi
Lens:AF50mmF1.4
Film:kodak GC 400
Ex:1/4000s
Ap:f/1.4
Fl:50mm
Distance:2.5m
by moblue | 2010-06-05 15:29 | その他 | Comments(0)

いまごろ驚く

CanonAF35ML
ほんのちょっと前まで、ボケと手ぶれの違い、絞りとシャッタースピードの関係、そしてレンズの違いとか知らなかった。
しかし、いろいろ試し撮りをし、月日が経ち、いろいろ解りながら、レンジファインダーの世界へ足を踏み入れ、レンズの中のパースペクティブの違いを、レンズを替えて楽しもうとしたやさき、40mmに興味を持った。ノクトンが 欲しいのだが、50mm派の俺は、迷います。そんなとき、ネットに、自分が持っているカメラと同じ機種の40mmについて書かれているのを発見した、しかも、f1.9である。素人ながら、写りがいいよなと思っていたが、知らなかった。そっかぁ、こんなん買って使っていたのかー ってことで、茶を濁す訳でもないが、AF35ML の40mmf1.9 に気を入れて40mmを体感しようかと思うのだった。
自分には、AF35MLが、オートフォーカス&自動露出のレンジファインダーって感じです。自分は、レンジファインダー風に撮ってみようと思います。
ちなみに、このカメラは、ネットでも評価良いですね。ASA400(made in JAPAN)までとASA1000(made in TAIWAN)までの2種有ります。。。
このカメラは、
はじめて自分でお金を出して買ったカメラだったのに、ぞんざいにしていました。
by moblue | 2010-06-03 23:12 | Canon Film | Comments(8)

First of JUNE

Green
この構図を見た時に、ビージーズの名曲『FIRST OF MAY(若葉のころ)』のリフレインが頭の中に沸き上がるのだった。これは、撮らねばでした。
この詩とは、反対に、俺は、いろいろ含んで数年後に、この木を見上げるのだろう。
俺は、今、NeXT登場から20年以上経って、iPad アプリを見上げている。

10年以上前に、知人は、『こんな良いものは、無くならないはず』と言っていたが、iPhoneアプリ開発環境で実証されたというところか、。
Camera:Cosina
Model:BessaR3M
Lens:Canon50mmf1.2LTM
Film:kodak GC 400
by moblue | 2010-06-01 11:41 | Rangefinder | Comments(2)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue