人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

iPhone 4Something

iPhone 4Something
(撮影:DSC-W200)
iPhone 4S(forSteve)と呼ばれるようだが、俺の中では(forSomething)だなー。iPhoneシミュレータはもう飽きたなーとか、知人に向かって言っていた。っと、そんな年の瀬にきて、テレビ番組で「スティーブジョブズ」に関するものが放送されている。NHKでは3番組が用意され、すでに2つが放送された。
俺は、そんな番組の第一弾である『世界を変えた男 スティーブジョブズ(Jobs (/ˈdʒɒbz/)』を見ました。
なんなんでしょうか、なんか再びインスパイヤーされてしまったです。 彼が世に出すもののデザインやコンセプトに対し、俺は反感がもてなく、いつもチェロの音のような感じで「これはいい」って思ってしまいます。なかでも NeXT は、特別だった。技術は素晴らしく、のめり込める開発環境でした。個人的には、いろいろ有ってこれに懸けることで他を忘れ、心が支えられた時でもありました。沢山の知り合いができ、大学に戻ったり、その後の生活の基礎にもなり、いまでもJobs-NeXTで通じあえる友人がいる事でしょうか、。そして、俺が大学をやめた次の年にJobs がアップルに返り咲き、その後、Macの中身が、NeXT に換わり、Unix と認定された
先日の放送を見て、いろいろなことが思い出されJobs が亡くなったことで、自分の中の1つの区切りだったら、没年にUSAモデルの購入でなければならない、ということで、2011年 iPhone 4S を購入となっちまったのだった。。。はは
[機種:MD257LL/A iPhone 4S , Black , 64GB]
(写真お借りします)
f0170545_11234649.jpg
by moblue | 2011-12-30 02:15 | 日々の出来事 | Comments(8)
Christmas  π(180°)
やはり、時節柄、クリスマスということで、ケーキを買うのだが、
俺は、家のものは食べずに親類宅にて、180°すなわち、数学で言ったら、
パイだけ食べるのだ。そして、その残りは、
クリスマス パイということになるのだ。。。ちゃんちゃん。。。

サイモンとガーファンクルのバックに悲惨なニュースが流れる『7時のニュース / きよしこの夜』を聴きながら、暖かいクリスマスを実感してくださいませませ。。。
by moblue | 2011-12-25 08:30 | Canon_digital | Comments(0)

防湿庫のこと

AutoClean&DryBox
俺はライカのレンズとか持っていないし、買う気もないのだが、ノクチルクスとかを所有しているかたたちは、やはりカビとかが発生しないようにキチンと防湿庫なりで保管しているのでしょうよねー。どう保管しているのでしょ?
クルマが趣味でもある俺からすると、カメラも使ってなんぼ、防湿庫なんてなーってちょっとバカにしていたのだが、おととい、高額なレンズを購入しようとした時に、これを買ってカビたりしたら、むちゃくちゃリスクのでかいレンズだなーっとビビっちまい、やはりここはまず防湿庫を買ってからだなー ってことで、東洋リビングの防湿庫(ED-140CDB)なるものを購入したのだった。
はじめてなので、どれを買ったら良いか判らなかった。手持ちの個数と相談し、カメラ30ヶ入ります ってことと扉が2枚という事でこれに決めたのだが、品物が届き、設置しましたが、どんなもんか判りません。まず設定をどうしたら良いか判らん!取り説を読むと、『設定除湿値になるまで数日かかる事が有ります」とかあります、そっかぁ、これって冷蔵庫の扱いと同じってことかー ところで、防湿庫内の湿度は何パーセントに設定したら良いんでしょうねー?なかなか湿度が下がらない。トビラを開けて、カメラを入れてみたら湿度が下がりました。今の時季、結構乾燥しているってことでしょうか、。やっぱり冷蔵庫と扱いが同じなんだな。
んーー、防湿庫って、出したり入れたりの保管場所じゃなくて、長期保管場所ってことですかねー 知人が言っていた「年中オートエアコンの入った車内保管しいるから・・・」ってことばが思い出されるのだった・・・

追記:防湿庫の購入前は、料理とかしまうプラスチック容器に、家人が食べた菓子などに入っている防湿材をそのつどいれテープでとめていた。今回、防湿庫へ移すのに取り出してみますと、レンズはとても奇麗に保たれていました。サイズによっては、これでオッケイなんでしょーねー。
左官屋さんに、尋ねた時、ホームセンターで乾燥剤(シリカゲル)を買い、それを保管箱の下に敷いている。篭手が錆びないよ。って言っていたが、工夫すればいろいろ有りそうですね。
追記2:湿度設定が、30%だとゴムや樹脂製品に悪影響を及ぼすそうですね。

(撮影:Olympus E-300)
by moblue | 2011-12-24 13:52 | 日々の出来事 | Comments(4)

迷彩ボディーレンズ

ceiling
床にごろんと寝転んで、カラ打ちをしていますと、お試し構図に気づきました。そして知人の紹介でゲットした初めてのSigmaのレンズを使ってみました。。。
感動しました。とてもくだらないんですが、はじめてファインダー内のピントと位置と結果のピント位置が合ったという写真を見たんですよー。こんなに感動的ならば、やはり、EFレンズのピント位置調整って必要ですね、ずっと開放ボケ風で良いかなぁーとか、ピント位置を見越してシャッター伐っていたのだけど、EFレンズでも別世界が広がりそうだなぁー。。。
シグマの皮を被ったようタイプのレンズは個人的には好みじゃありませんです。普段でも微妙に動かす自分の指の感触が鈍くなりそうな感じで、良く有るつや消しタイプにしました。しかし、写りはいい感じでなんですねー、しかも、大口径な50mmで、フィルター径が77mmだもんなぁ。カールツァイスの6群7枚レンズを抜いて、キャノンのF1.2と同じ6群8枚なんですね。大きい画面で見ると細かさは、やはりこんなもんですかねー。
シグマの皮を被ったような外側の仕立てが、動物などに察知されにくい造りなんだそうですね。一種の迷彩ボディー仕様のようですね。ちょっと驚きました。でも、やはり好みじゃない感触でした。
by moblue | 2011-12-17 15:16 | Canon_digital | Comments(4)

おばちゃん仕様

bike
毎日1本って言っても、ヤ○ルトや○汁じゃなく、日めくりのようにナンバーズなる宝くじを1本/日で買っていたが、ついつい確認忘れがちとなり、買っても見なくなり、ついには、買わなくなっていた。そんな中、知人に頼まれ買いにやってきた宝くじの売店脇で、なかなかな自転車を発見!
そして、マニュアル操作でピントを合わせてシャッターを伐るのだが、聞こえてくる会話が気になって、売り場を覗くと、パート帰りのおばちゃんたちが、スピードくじを削りながら、いろいろしゃべっていたのだった。思いついたことに、これは、オヤジが仕事帰りに飲み屋でいっぱいやっているのとおなじなのだった。酒を飲まないパートのおばちゃんは、仕事帰りに宝くじ売り場で、すぐ判るくじを山になるくらい削りながら、愚痴話と宝くじの話をしていた。そして○○ちゃん、あんたの番号いい数字だねー、きっとくるよーと言いながら自転車を動かし、乗って去っていきました。。。パートと年金で返還率47%の宝くじを買うなんて、なんてお国思いのかたなんだろう・・・
追記:後輪の変速装置にshimanoの文字と車体番号が読めます、結構ピント合ってますねー。
by moblue | 2011-12-16 00:17 | Canon_digital | Comments(4)

セルン

sample
ブラックホールをつくることを聞いたインド人の少女が恐怖で自殺したけど、いつのまにかヒッグス粒子を発見とかだもんなー。やはり恐るべしセルンだなー。最近のアニメ「Steins;Gate」にセルンが登場していたが、それより今回の粒子の発表はインパクと有るなー。
俺の中での、セルンといえば、ティム・バーナーズ・リーという人が、アップルを首になったスティーブ・ジョブスが世に出した製品のNeXTを使って、世界初のWWWサーバーを立てたことだな。そして、そんなこなんのディスクトップサイズだったものが、今はiPhone に納められちゃうんだもんなー。
by moblue | 2011-12-14 13:06 | Canon_digital | Comments(0)

filmYips

blueSteel
なんかフィルムカメラの裏扉を開けて、フィルムの箱を手にしたときに、動作が止まります。ためらいますです。カラ打ちはバンバンするのだけど、いざフィルムを手にするとそんな感じです。
これって、イップスですかねー?名付けて『フィルムイップス』でしょうか、それとも単なる言い訳かな。。。はは

α900の中古価格がプチ下がってきた感じですねー
人気投票に1Dxが3位に入っていたってのは、どうなんですかねぇー。影で、1Dsmk3の中古価格が上がっているのは、どっちがどう評価なんでしょ。
知りませんでした、M9-P なるものが出ていたなんて・・・
SD1って、現像ソフトって特殊なんでしょーねー。
by moblue | 2011-12-07 10:21 | Canon_digital | Comments(4)

Super-Takumar 50mmF1.4

Super-Takumar 50mmF1.4 (2nd)
俺にとって初めての M42 マウントだ。かねがね、M42 なる世界のレンズ群を試してみたかったのだが、踏み切れないままにいた。このごろ夢中なレンズマウントアダプターが背中を押してくれた感じで、Pentax Super-TAKUMAR50mmF1.4をいってみたのだった。
いつだったか2番ではダメんなんですかってセリフが話題だったが、昭和39年に発売されたこのPentax Super-TAKUMARは世界初の一眼レフ50mmF1.4だったようです。私見ですが、ボディーの造りが素晴らしいです。先日のCarlZeissPlanarに似た削りだしのようで、のちのゴムを使った50mmF1.4とは雲泥の差に思えたです。ゲットしたSuper-Takumar ですが、レンズ枚数が少なくなったセカンドバージョンでありアトムレンズらしいのです。もうちょっと知りたいので、知り合いに頼んでガイガーカウンターで計測を考えています。このレンズを透かすと黄ばんでいます。Zuikoレンズに見られるような感じです。黄ばみのひどいものは、紫外線を照らすことで改善するそうです。
っで、能書きは早々にEos に取り付けて試写したかったのだが、手違いでM42-EOSマウントアダプタが遅れている。だもんでこの機会に、M42-Kマウントアダプタを導入しようと思うのだ。これは基本らしいですね。
そうそう、Takumar が、梶原琢磨という人の名前からきているとは知らなかったです。。。

追記:M42->αマウント変換アダプタを使い、α900にて使っています。
(撮影:Olympus E-300)
by moblue | 2011-12-05 00:25 | その他 | Comments(8)

レストランにて

galAtRestaurant
気がつくと師走、でも師匠でない俺は走らない。ってのはどうでもいいことだが、ゆっくり日中の光で写真を撮りたいのだが、時間が取れなく、すぐに夜になっちまうのだった。夕食を知人と幕張ビル群界隈に在るコジャレタレストランでとることにした。
店内に入りますと、インテリアもいい感じで、メニューを持ってきたギャルにいきなり俺は、「写真を一枚良いですか?」って言いながらEos-1Ds を取り出し、精悍なCarlZeissのフードを取り付けた。
するとギャルは、「カメラマンなんですか?」って俺に尋ねたんですよー。
場慣れしてきた俺は、さらりと『判ります?』って言葉が出ちまうんです。
ギャルは、「だって、すごいカメラなんだもん」
いやー、この流れは、これで3度目ですが、まだまだ続きそうです。
しかし、今回は参りました。CarlZeiss は、マニュアル操作なため、俺の撮影動作が、スマートじゃなかったです。やはりオートフォーカスで、すかさず撮らないと、ギャルのハートも獲れません。。。マニュアル操作は爺臭いかも・・・ちゃんちゃん。
追記:写真を撮らせていただき、その後のデータを差し上げたいのですが、ネットを閲覧しない人たちには、渡せなく残念に思っています。コダックかmkIIIのようにメモリーカードを2枚持てる機種が欲しいところです。。。
by moblue | 2011-12-02 22:20 | Canon_digital | Comments(4)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue