<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

pizza maker
X-pro1を箱からとりだし、マウントアダプターを介し
Canon 35mmF1.5 LTM
を取り付けるのだった。35mm換算で、53mm ということだ。
そして、設定を1:1のモノクロモードにし、ピザ屋さんへ行って、お気に入りのひとで記念のファーストショットを撮るのだった。。。
設定がまだまだだったなー
1)ピーキングと撮ったピントが合っていない
2)白っぽくなる
これの解決を急ごう

(撮影:Fujifilm X-Pro1+Canon 35mmF1.5 LTM)
[PR]
by moblue | 2014-11-10 07:08 | はじめてのデジカメ | Comments(2)

弘法はデジタルを選ばず

show me the way
連休に少し離れたところへ、久しぶりに写真を撮りにいった。X-pro1で撮ってみたいのだった。
今度の連休に、知人に会うための下見をかねて、那須・黒羽方面に行くのだった。千葉からだといろいろ寄り道するところが有り、X-pro1の試写をするのだが、巧く撮れません。
そんなこんなで着いた黒羽地区で、久々に俺のゴーストが撮れと囁きました。そして、X-Pro1をとりだし、数伐るんだが、思うようなものができない(注)。
俺は、いつものように iPhone4S に持ち替え、スクエアで伐ってみますと、描いた通りの画像が来ました! アップロードしたこの写真「show me the way」がそうです。
実際には、靄の中のうっすら太陽を入れたかったのですが、太陽の白飛びとなりました。写真をじっと見ますと、それはそれでいいかなと、自分でも満足のいく出来栄えだ。空かさず、flickrにアップロードしてみますと、反応は2日間で8100アクセスとなっていた。驚いたなー。
これって「写真はカメラじゃない」ってことですかねー
でも、それってX-Pro1を買った俺が惨めですよねー。。。

(注)X-Pro1のスクエアフォーマットの画面の下部を、距離表示用のバーで隠され、スクエアと勘違いしていた。そのため再生時に全体が表示されるために構図が変だったのだ。残念。そうは言っても、なかなか難しいカメラな気がします。
(撮影:iPhone4S)
[PR]
by moblue | 2014-11-04 22:14 | はじめてのデジカメ | Comments(4)
Fujifilm x-pro1
俺は、E-300 を気に入っているのだが、このE-300の発色をしつつ、高画素かつ高速な機種が欲しかった。また、iPhone のように、1:1の構図が出せる機種もほしく、物色していた。
そんなときに、flickrにデジタルなのに、フィルムのような黒い出力画像を見た。出展者にお尋ねすると、X-pro1 だと教えてくれた。そして検索していろいろ出展画像を見てみると、カラーも良い!! そう、FinePix を思い出したのだった。加えて、スクエアフォーマットもありボディーデザインが俺好みだぜ。。。
もんもんとしながら、近所の写真屋さんに、証明写真を撮りにいくと、なんとこそに新発売時の X-pro1の厚いカタログが有り、もらって帰ってじっくり読ませていただきました。なるほど、OVFとEVFが搭載されたデュアルファインダー、独自センサー、35mm(=53mm)、1:1構図、そしてなんといっても、気を惹いたのは、「フィルムシミュレーションモード 」。
そう「富士フイルムが培ってきた写真フィルムの表現力を簡単に手に入れられます。」ってことだ。発色の良いサンプル画像と一緒に見させられますと、宗教が如く、俺はふらふらとそのボディーを買ってしまったのだった。

そして、富士フイルムX-pro1ボディーに、キャノン35mmF1.5LTMのレンズを取り付けて撮ってみるのだった。。。
スクエアなRAWは、無いんですね。だもんで、RAW+jpeg記録を設定し、撮影時に、フィルムシミュレーションモードで撮っておかないと、B&Wとカラーのスクエアな画像が得られないようです。
マニュアルレンズを取り付けた時に、スクエアフォーマットの下部に、距離表示のバーが表示され、構図が決めにくいです。後で撮った写真のバランスが悪いので気がつきました。
これらが、俺の不満があるところでしょうか、。
このカメラは、扱いがちょっと難しいような気がします。

(撮影:iPhone4S)
[PR]
by moblue | 2014-11-04 21:28 | FujiFilm_X_system | Comments(0)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue