突如蘇る f0.95part2

夜ですが F0.95で撮ってみました。SSは、こんなもんですかねぇー
撮ったままです。ノイズリダクションも、オフで現像です。拡大すれば、判ります。
現像は、Image Data Conveter Ver. 4.2.04.17261です。
ISOの設定で、もっとフィルムっぽくなりそうな気がするなー。
Flickrサイトにて、検索で「A7 0.95」入れると、多々出ますよ カッチョイイ写真が、。

DSC02732BW
AP 0.95 SS 1/500 ISO 6400


エキサイトにデッカい写真の入れ方が判りません。回転してしまいます。Flickrで見て下さい。

(撮影:Canon50mmF0.95 + SONY a7R)
[PR]
by MoBlue | 2014-12-29 02:38 | SONY_alpha | Comments(8)

突如蘇る f0.95

Canon50mmF0.95 + α7R + mountAdapter

視力もついていけないし、Mマウントへの改造も好まない俺に、
Canon50mmf0.95 なるレンズは、ショーウインドーで見るように、ただただ防湿庫内で燦然と輝いていましたが、昨今は、その輝きも曇りかけてと言うか、存在を忘れかけていた。半年前にCanon7の整備はしたのだが、撮影しようとする動作が伴わない。と言うのは、キタムラパララックスとフィルムスキャンがどうしても壁となって俺の前に立ちはだかるからだ。
OldLens が再び注目を浴びるなか、SONYの α7 を手にし、俺もその波に乗るのだが、唯一の異型LTMレンズ 0.95は、フィルムの方を向きつづけていた。
そうこうしているうちに、Leica Summicronを手にし、ライカの解説本を探しに本屋にいきますと、オールドレンズライフなるMOOKを発見するのだった。Vol.1から読みこんでいくと、Vol.4 の記事「α7シリーズで甦るマニアックレンズ」に釘付けになるのだった!
なんとなんと、α7 にCanon0.95レンズを付けるマウントアダプターが販売されていると書かれているでは有りませんかーーー!!
カーッと厚くなるのを押さえ、Vol.4を持ち帰り、読んだ2日後、俺はそのマウントアダプターを手にした。実際にそのマウントアダプターを介し 俺のF0.95をα7に装着した写真が、このアップした写真です。
写真の状態で手に持った感触は、newF-1 に FD55mmF1.2 を装着して手に持ったときの感触に似ています。いい感じ〜〜。
つ、つ、ついに、俺の 0.95 は、α7 の御陰で、突如蘇るのでした。
そして、俄然、サイレントシャッター付き α7S が欲しくなるのだった。。。

加えて、驚いたことですが、このアップした写真の状態のままで、α7 の純正カメラケースに収まるですよー
ちなみに、newFD50mmF1.2Lもフードを付けたままでも、このカメラケースに収まるですよー
私見ですが、やはりCanon newF-1を参考にしたんじゃないですかねぇ・・・はは。。。

L(with0.95)→E-mount
三晃精機製 http://www.sankouseiki.com/

(撮影:iPhone4S)
[PR]
by MoBlue | 2014-12-27 01:11 | SONY_alpha | Comments(6)

格好良かったバイク

bike
高速の大黒ふ頭PAに寄ると、毎度のことながら何かしらのクルマ集団を見る事ができる。
俺は、ズミクロンでの試し撮りがしたくてしょうがないから、コースが如く螺旋ランプを降りてゆくのだった。。。
おぉー、見た事も無いかっこいいバイクだ! どちらかというと、モノとして欲しいバイクだが、それはよいとして、撮影許可を頂き、試写を繰り返すのだった。。。
Leica Summicron 5cmF2 collapsible LTM は、実にいい感じに撮れますねー また、α7 の良さを再確認させられます。

(撮影:Summicron 5cmF2 collapsible LTM +SONY a7R)
[PR]
by MoBlue | 2014-12-25 01:09 | SONY_alpha | Comments(2)

元NeXTのひと

NeXT man

NeXT will be iPhone .

おぉーー、いい感じに撮れましたーー ・・・俺に、GJ!
GH4でパナライカ25mmを試してみたいなー

ƒ/1.4
35.0 mm
SS 1/60
ISO 400
Flash (off, did not fire)

(撮影:XF35mmF1.4 R + Fujifilm X-Pro1)
[PR]
by moblue | 2014-12-04 00:30 | Fujifilm X-Series | Comments(2)

35mmF1.4ASPH

ただ FUJINON のレンズを使ってみたいという動機より XF35mmF1.4 R(35mm判換算:53mm)なるAF対応のレンズを購入して使ってみますと、X-Pro1 とのコンビネーションに驚かされました! XFレンズ付きのX-Pro1ファインダーを覗くのはギミックで楽しいーー! 
Fujifilm X-Pro1の仕様を考えたかたは、とてもカメラ好きなかたと思われます。
ファインダーは、”ハイブリッド・マルチビューファインダー”と呼ばれ、その機能の一部である”OVFと EVFの切換え”にて、被写体が見やすくなるのだった。OVF時は、Canonのレンジ・ビューファインダーのように、変倍となっており、シャッターボタン半押し時にパララックス補正による撮影範囲が変更表示される。ピント合わせのためにOVFから瞬時にEVF拡大モードに遷移できます。EVF時は、α7のように、ピント拡大やピーキングでの確認もできます。加えて被写体との距離&被写界深度も判るんですよー。いやー驚きまし たぁ〜。
また、本機は基本がレンジファインダーですから、一眼レフで出くわす、レンズにNDフィルター等を付けた時に暗く見づらくなっても、変倍OVFにて、被写体を見ることができるです。
とにかく、X-Pro1+XFレンズで、ファインダーを覗くのは楽しいです。

実のところ、自分は Fujifilm X-Pro1 購入にあたって、X-Pro1がどんなモノなのか掴んでなく、買って失敗しても納得できる中古にしたのだったが、実機を手にしてあれこれ弄ると、ボディーデザインにたがわず、気をそらさないボディーの仕様でした。
そのため、レンズを新品にして、より X-Pro1が判ってくると、新品の X-Pro1 を購入するべきだったとプチ後悔しているのだった・・・この機種はワンオーナーでずっと持っていたい機種だなー。
来年、後続の進化機種が登場しても、持ち続けるような気がします。

FUJIFILM X-Pro1
.Interchangeable FUJINON XF Lens
.Original X Mount
.APS-C 16M X-Trans CMOS
.Hybrid Multi Viewfinder

加筆修正:2014.12.25
(撮影:iPhone4S)
[PR]
by moblue | 2014-12-03 23:46 | Fujifilm X-Series | Comments(0)