バイク

sample
(撮影:Leica M Monochrom + Canon S50mmF1.4 II LTM , 現像 RawTherapee 5.5 )
昨年のことだが、コンビニに停まっていたバイクが格好良くて、撮ってみた。
しかし、家に帰って撮影結果を見ようとすると、サムネイルしか見れない。何かの拍子に撮影データのファイル保存設定が、DNG のみになっていた。。それだとアドビ製品を使って現像、ファイル変換しないと見れないことがマニュアルを読んで判った。適切な現像ソフトを持ってない俺はそれで諦め、後日にしたのだった。
そして今年、ネット検索すると、iPad用のライトルームCCがあることが判った。
しかもデスクトップ用だがフリーのRAW Therapee という現像ソフトも知った。
ってことで、これはRAW Therapee というソフトを使って、今まで見れなかったライカのDNGファイルを現像して見ることができるのだった。。。
アップしたこの画像(300dpi)は以前アップしたjpeg画像とは全く違って見えるモノクロの画像でした。。
光り物の質感が、美しいー〜ー!!





# by MoBlue | 2019-01-05 00:19 | Leica_M9digital | Comments(0)

メタル

metalgrip
(撮影:FujiX-pro2 + Zeiss Touit 1.8/32 , 現像なし/FS:アクロス)
天候が芳しくなくニュースでもタイヤのことを伝えていた
3け月前ぐらいからクルマの発進時に空転するようなザザーって音を聞き、速度を上げるとグワングワンと偏心回転ような音を聞くようになっていた。ってことで、季節柄やニュースにもあり新品のスタッドレスに変えてもらうのだった。タイヤを変えますと、なんといい音のラジオ、否、静かな室内なんでしょー ハハハ。
しかしながら千葉県人の俺は、一年中スタッドレスなのだった。

この写真は、その時のタイヤ屋さんで使っていたジャッキのグリップを、修理が終わったばかりのX-Pro2 での試し撮りをしたものです、いい質感だなー。
この出力に関しては、古いレンズを使うとグレイン効果が一層増してフィルムで撮る気をなくす。現在のレンズは素晴らしいピントを現すよなー。
このX-Pro2、EOS R、Leicaで旧レンズを使うようになり、ワンショットによる撮影過程やその出力結果を味わうことで、
自分にはもうフィルムへ未練が、ネガとポジの現物と芸術的なカメラボディーの現物であることが明らかになるよなー。。。




# by MoBlue | 2018-12-30 12:50 | FujiFilm_X_system | Comments(2)

故障ではなく壊した

repair x-pro2
(撮影:iPadpro12 )
ライカM3の中古を見に行き、良さげな一品を手にして見ますと
ファインダーの接眼部にゴムの保護が取り付けられていました。おおー、オーナーは良くお解りでーと思いそのゴムリングを外してみた。なるほどと、形状&材質等を理解し元に戻し、データを記憶して帰宅するのであった。
その後、何気にみるXーPro2のファインダーの接眼部、待てよ、このパーツがレンジファインダーに利用できないものかと思った俺は、すかさず、XーPro2の接眼部のゴムリングを外しにかかるのだった、ちょっと外しづらいがなんとか外れそう って外すのだった。そして色々とレンジファインダーの機種を変えて、ファインダー接眼部にゴムリングを装着しようと試すのだが、どれも上手いサイズではなかった。
諦めて、X-Pro2の接眼部へ外したゴムリングを戻そうとするが、うまく入らない。そうこう試すが入らない。
で、フジのサービスへ連絡しますと、「 それは入りません!お預かりして修理となります 」っておっしゃったですよー。
始めただな、カメラを壊したのは って思いながら修理&点検を頼むために、元箱を探し保証書等を探しますと、なんとあんた、一枚のコーション紙に、図柄入りで、接眼部のゴムを外さないように書かれてたですよ、しかもx-pro1とは仕様が全く異なる等が、。げげっ。
そういえば、x-pro2には視度補正が装置として追加されていたなーって今更に思うのだった。。。

そして待つこと2週間で再会するのだった。。。



# by MoBlue | 2018-12-30 10:51 | FujiFilm_X_system | Comments(0)

チーバロード

walker
(撮影:EOS R + FD50mmf1.4 silver , 現像:DPP4 ユーザー設定モノクロ)
ここはア◎ーロードではなくチーバロード、しかもひとり。
LPジャケットのような歩行者を撮ってみるだが、ISOのダイヤル回転方向を間違えてしまった・・・真っ黒をDPP4で持ち直しました。
マニュアルフォーカスのためピント合わせに時間がかかるのだった。でも撮ってるという気持ちにはなりますね

久々の現像するために、シリアル入力、DPP4のダウンロード&インストール、セットアップ、RAW画像取り出し・・・・と面倒くさかったー
写真は撮って出しに限るわー





# by MoBlue | 2018-12-22 00:10 | Canon_digital | Comments(4)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue