人気ブログランキング |

Olympus M-system

Olympus M-system
(撮影:iPadPro12 )
2009年11月に購入してから、2回ぐらい使っかなぁー あとは整備、空打ち、撫で回しでしょうか、。
ハードボイルドだったら、葉巻の煙の中でブランディーを揺らせ、M-1を撫で回しながらの空打ちしシャッター音で悦に入るって感じでしょうか、、、はは

Olympus M-1 + M-system G.ZUIKO 50mmF1.4 + フード

1. ボディー購入後、すぐに動きが悪くて、自分で給油して動くようになった。
2. スクリーンをマットに交換する。
2. オーバーホールしたときに、プリズムを交換してもらった。最後の一個だと整備のかたが言っていた。
3. M-system G.ZUIKO 50mmF1.4 のレンズを購入した。
4. 純正フードを購入できた。
5. レンズ清掃等のオーバーホールをしてもらった。
6. ケース類の清掃をしてもらう。

って感じで10年がかかりましたが、先ごろレンズO/Hが終わり、このほど自分なりの完成となるのだった。。。
シンプルで軽い、そして美しい!ははは




# by MoBlue | 2018-12-13 20:29 | Camera Body | Comments(0)

静かなとき

sample
(撮影:Sony-A900 + minoltaAF1.4/50 , 現像なし/B&W )
EVFの場合、覗いたファインダー内の画像が、記録される。
OVFの場合、どんな画像が撮れたのかは再生するまで解らない。(再生時にハッとするのもいいのですけどね)
OVFのA900の場合、2種類のプレビュー(インテリジェントプレビュー、光学プレビュー)がある。
インテリジェントプレビューでは、プレビューボタンを押して離すと、カメラはシャッターを切ったような動作をして液晶画面に”シャッターを押すと撮られる映像とExifの可変データ”が表示されます。
この可変データをいじって、好みの画像状態にして、再度ピント合わせしてシャッターを切ることで、本撮影(メモリーカードにデータが記録される)となります。
なんと言いますか、撮影データの前現像をして無駄うちによる写真削除がすくなくなる って感じですかねーー
現代的には、なんかゲ◎ム編集のような工程でしょうか、でも後世には影響しない、、ハハ

α900はいいカメラだと思うなー



# by MoBlue | 2018-12-07 12:55 | Sony_α_system | Comments(0)

シンプルが美しい

my M3 (1957/03)
(撮影:EOS R + RF35mmF1.8 IS STM , 現像なし/ユーザー設定モノクロ)
ただただカメラでカメラを撮るのであった・・・

このあと、整備に出しますと完成予定は、三月ぐらいだそうでした
ブライトフレームの切り替えレバーの作動不良と臭いボディーラバーの交換、
で結局、オーバーホールをお願いすることにするのだった
ファインダーに顔を近づけるとタイヤゴムのような臭いが堪りませんでした
以前、IIIf でもこんな臭いなことがあったです


# by MoBlue | 2018-12-06 01:30 | Leica M film | Comments(2)

お店の前の通り

at front of shop
(撮影:Leica M Monochrom + summilux-M1.4/50mmASPH , 現像なし/)
EVFを使うようになると、OVFレンジファインダーでのピント合わせが日に日に難儀になるのだった。
実際このアップした写真までに数枚撮っている、ただただピントがイマイチとなるのだった。
が、しかしこのトーンは微妙で他では味わえないモノクロームではあるな。


# by MoBlue | 2018-12-05 21:45 | Leica_M9digital | Comments(0)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue