モダンなポピュレール

Populaire with 50mmF1.4
消費活動をしよう!って言い訳ではないのだが・・・
キャノンPを、いろいろ写真等で見ていましたが、シンプルでなかなかなデザインだと思っていたのだった。実物を手の中で見ますと、ついて出た言葉が、『おっ、modern !』なのだ。ほんと見た目、シンプルでクールです。また後扉の色ダイヤルもワンポイントな感じで好みです。おもむろに、ファインダーを覗きますと、『うゎ〜、これは好い』です。VI-L のファインダーと同じように見えます。そう、完全等倍ファインダーです。例によって、両目を開けて、ファインダーを覗いていられます、否、ファインダーを覗いている感じが有りません。これは、キャノンのバルナック型でも等倍で覗けますが、コシナのフォクトレンダー・BessaR3Mと同じ感じです。『高級機の廉価版(a popular [low-priced] edition)キャノンP』とか目にしますが、50mmを主に使う自分には、VI-L と遜色無い感じです。『キャノンPのファインダー内のブライトフレームがじゃま』ということも、目にしますが、自分には気にならないなあー。シャッターは、厚さ18/1000mmのステンレス金属幕が採用されているそうです。やはりシャッター音はくもった感じです。
このキャノンPは、発売当時、大ヒットしたようですが、今の時代でも、古臭さを感じないデザインと内容だよなぁ。標準レンズは、50mmF1.4だったようです。。。
ところで、このキャノンPが発売された経緯に、良く聞く『ライカに追いつき追い越せ』という事での、高価な機種でのマイナーチェンジの繰り返しが、会社にとって良い方向でなかったようで、1957年に企画室が生産と販売の方針を立てるという事になったそうです。そして、1959年に発売され、大ヒットしたのだった。大ヒットした背景に、低価格ということも有るが、『パッと見、欲しい』と思わせる見た目のデザインと機能も有ると思うのだ。とてもシンプルなキャノンPのフロントビューなのですが、キャノンPが発売された1950年代末から60年代は、モダニズム建築の全盛時代であったことから、デザインの幅広い分野にもそのトレンドが有ったに違いないです。それらを考慮したのも企画室じゃないでしょうかね。簡単にモダニズム建築というと、機能的・合理的で装飾のない建築ということなのですが、キャノンPにもそんな感じがするのだった。また、モダニズムの果ては、ポストモダニズムがやってきて、そのつぎにまたモダニズムがやってきて、というふうに繰り返されるように、キャノンPとVI-L を比べると、そこにもモダンとポストモダンの流れを感じました。
使い心地のいい感じのカメラですよー。
[PR]
# by moblue | 2011-04-25 01:06 | Rangefinder | Comments(8)

Canon III & Serenar50mmF1.9

Canon III with serenar
沈胴レンズを持っていないために、どのようなモノか良く判らなかった。そこで、1949年(昭和24年)1月に、キャノンから発売になっているセレナー(Serenar)50mmF1.9とそのレンズの最後の標準ボディーとなっていたキャノンのレンジ・ビューファインダーの III 型を手に入れてみました。
セレナーレンズには、キャノン・スペクトラコーディングのパープル色が採用されている。明るさや見方によってミステリアスな紫を見る事ができます、美しい! 沈胴の動作を初めて知ったのですが、なるほど、レンズの引出した鏡銅がキズだらけになっているモノを見ますが、知らないで力づくで回転させたためなんですねー。またピントリングの回転も、レンズ引き出し状態で回すべきですね。なるほど・・・。
標準ボディー&レンズということで、シャッタースピードが初の1/1000sになった Canon III 型を選びました。手にした瞬間、重さを感じました。この III 型というのは、以前からボディーデザインと1/1000sのシャッタースピードが有る事で欲しかったのだ。Canon II-D2型のボディーデザインも良いのですが、シャッタースピードが1/500sまでしか有りません。またCanon IV-Sb2型ですとシャッタースピードは良いのですが、ボディーサイドにつけられたストロボ用X接点がどうもクールなデザインを妨げるようで、いろいろ見比べまして III型を実際に手にしてみました。トップに Japan の文字列がまだまだ無いです。カメラ内部にパテントの表記もまだ無いです。そして視野倍率を変える変倍レバーの形状、巻き上げノプと巻き戻しノプの菱目型ローレットの指に伝わる感触には、泣けてきますぜ旦那〜。おぉーいい感じ〜。時代背景にある朝鮮戦争特需の影響なのでしょうか、カメラの作りや装飾部分に他の機種と比べ、手間ひまがかかっているような感触です。
っで、何撮りましょ・・・

注:ローレット:rouletteという言葉は、賭博器具のルーレットや裁縫用具のルーレットと同じく回転する器具を意味し、その起源はフランス語。英語では、ナーリング:Knurling といってギザギザの形状のものを意味する。グリップの滑り止めや圧入部等の目的に使われる。

[PR]
# by moblue | 2011-04-09 22:55 | Rangefinder | Comments(2)

Untitled

THE iBARAGi KEN
阪神大震災にあわれた方には、釈迦に説法でしょうが、朝ラジオを聴いていると、震災で人の気持ちの何がかわるかという内容で放送していた。
『震災に遭うと、震災を境に、それ以前に生活してきたこと柄が、“過去”とう分類に入ってしまう。』と言った。そのときハッとした。先日、知人との会話で茨城や福島でのことについて、『・・・だったなぁー』と自分でも気づかないうちに過去として扱う言葉を使っており、知人に、指摘された事柄でもあったためだ。しらずしらずのうちに、まさかこんなことが起きるとは考えられなかったしなーっと、自問自答しながらも、黒い白鳥は、確かに舞い降りた。
茨城や千葉でも被災がすごいという事を報道してほしいという事を読んだころ、茨城の知人の話に、物資の配給に8時間並んで、水5Lだけもらったよという状況報告が有ったが、今度は飲めない水ということらしい。
このごろ自粛不況なることばを聞くが、当初は、自分も被災した方の心情にも配慮した行動をとるべきだなーって思っていたが、このごろは、あまりな地震&津波&放射能問題で、これは配慮した行動にも限度が有るのじゃないと思い始めている。すごすぎて自粛していたら復活ままならないかもしれないと思い始めた。ブラックホールのごとく、連鎖不況の波がひしひしと押し寄せて来る感じです。具体的には、知人に自宅待機するひとがでてきたのだ。このまま沈としていたらダメだ。活気ある消費をした方がいいと思うのだった。
写真は、以前(2010/08/08)茨城県笠間市の陶芸の丘で撮ったものだ。
ニュース等での情報だが、被害が有ったようだ。

Camera : CanonIV-sb2
Lens : Canon50mmF1.2LTM
Film : KodakGold 100
[PR]
# by moblue | 2011-04-06 13:57 | Rangefinder | Comments(0)

SuperMoon

潮の満ち干を代表に、子持ちガニなど上げれば、いろいろと月の動きと地球上の出来事が関連しているよな。3.11ごろにおいては、スーパームーン(SuperMoon)という状況で、月が地球へ最も接近した状態であった。過去には、1993年がそうだったようだ。そして、今回、大震災が起きた。1993年にも、北海道で地震が起きている。俺は、月の影響で地球も変化すると思っている。つぎは、2029年のようだ。加えて、イルカやクジラのニュースにも注目しなければならないようだ。。
3.11、俺は、千葉・市原市の爆発したコ○モ石油の製油所の近くにいた。いつにない長時間の揺れに、近くにいた人らからも、『まだ揺れている』が連発された。揺れが収まっているのか発散しているのか、いまにも地面が割れてもおかしくない状態で、自分の判断にさえ迷いが生じるくらいだった。こんな地震は、はじめてだ。この地が震源地でないなら、よりすごい揺れがあった場所が有るに違いない。と思っていると、化学消防車の緊急出動等を見た。これはただならない状況と判断し、家へ向かうのだった。電話いっさい通じない。おそるおそる家に近づきながら、家が存在し、家族やご近所さんの無事で、一息ついたのだった。
いろいろと震災状況が判ってくると、心が痛みます。余震は続くし、。
原発問題は、『深刻な状態』ってNHKは、伝えるが、これは、『危険な状態』と同等で、直接的な響きで伝えられないからだよな。米軍は国外退去しているし、知人のなかにも関西方面に、避難している人がポツポツいる。諸外国の基準や汚染範囲でみてもシリアスで、アメリカ人の知人からも気使いのメイルが届き、ワシントンポスト紙のサイトにあるJapan's nuclear emergency からでも、注視されているレベルが判る。
きょうは、プルトニウムの話題が勃発している。。。どうなるんだろ。
2011年03月には、こんなことしか書けない。。。予期せぬラジオからの『明日に架ける橋』に、心がジンとする。
[PR]
# by moblue | 2011-03-29 17:19 | 日々の出来事 | Comments(4)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue