タグ:Canon 2D改 ( 16 ) タグの人気記事

VC METER II

VCmeterII on IVsb-2
レトロな露出計も良かったのだが、ちょっぴり早くて正確な数値を出したかったことと、見た目のデザインで前から欲しかったコシナ・フォクトレンダーのVCメーターのバージョンII です。一段と、薄くスタイリッシュになりまして、新品をいってしまった。デジカメとフィルター以来でしょうか、新品って。。。はは
使い方は、すぐ判ったのですが、ランプの表示に戸惑いました。3つのLEDの真ん中がグリーンで、その左右の2ヶが赤いLEDとなっています。()ってことです。
ここで普段、ベッサのファインダーを覗いていると、適正露出を現すランプの右は、露出オーバーとなっている。当然、その逆だと、露出アンダーとなっている。普通、数学のグラフ的にも、ニュートラルの右が+で、左が−となっていると思う。
このVCメーターの場合、適正露出の右のランプ()が点灯する場合は、露出アンダーなのだ。当然、その逆の左のランプ()の点灯だと、露出オーバーとなる。んーーー、ちょっと戸惑うぜ〜〜。
そこで、何度も測っては、シャッタースピードと露出を設定してみるのだった。これは慣れかと繰り返し何度もやってみるのだった。するとどうでしょう、繰り返しやっていると、判ったことが有りました。それは、VCメーターの適正露出の右のランプ()が点灯する場合は、『数値を下げなさい』を意味するのだ。それは、シャッタースピードの数値または露出の数値を下げることなのだ。すると適正露出が得られます。当然、左のランプ()の点灯の場合は、『数値を上げなさい』を意味すると理解したのだった。(メーターのLEDは、”表示”ではなく、カメラマンへの回転方向の”指示”ということ
適正露出が得られたときに。シャッタースピードと露出の組み合わせが同時に5ヶ判るようになっています。これは便利ですね。。。
そして、今一度、取り扱い説明書を読み返すと、赤いランプが指示する方向がダイヤル(シャッターまたは露出)の回転方向を示していると書かれている。なんか、ただただ露出計頼りだと、そのような素直な解釈後の操作でも良いのかもしれません。
でもやっぱり、露出、フィルム面に光を載っける、すなわち”フィルム面に載っける光量”って解釈していると、このメーターのランプ表示は、まったく逆で、判りずらいのだった。。。
[PR]
by moblue | 2010-02-25 22:25 | Rangefinder | Comments(4)
2Dkai-example
ポップな鏡胴デザインのCanon50mmF2.8でどんな風に写るか見てみたのだった。このときは、写真のように曇りでした。
この写真では、古いフィルム写真の感はありますが、ちょこっと良い朱色とか見られます。無限遠ですが良い感じに思えるのだった。
余談ですが、この写真って結構受けが良いです。。。

Camera:Canon
Model:2D改
Lens:CanonL50mmF2.8
Film:Kodak SG 400
Ss:1/500s
Ap:f/5.0
FL:50mm
Distance:∞
Time:13:20
Flush:NO
[PR]
by moblue | 2009-10-05 10:34 | Leica Barnack-Leica | Comments(6)

2D改・露出倍数のこと-10

2Dkai-withCanon50mmF2.8
キャノン・レンジビューファインダー2D改の場合、外部露出計にて適正露出となる絞り&シャッタースピードを決定しているのだが、TTL測光でないこのカメラに、NDフィルタを付けたときの露出の決定は、できないものと思っていた。そのために俺の頭の中へ、ライカM6の情報が蓄積されていくのだが、気になっていたことがあった。それは、古いカメラ本を読んでいると、『日中の明るさに露出オーバーでシャッタースピードも足りなくなる時は、NDフィルタを付けた方が良い』とだけ書かれてはいる。これは、なにか露出の決定方法があるように思えて気になっていた。しかし判らん。まさか外部露出計にNDフィルタと同様なものを貼って露出を測るのかとまじに思ったです。そんなとき、先日買ったケンコーNDフィルターの裏になにやら新用語らしきものが表と共に書かれていた。それが『露出倍数』の文字列だ。どうもこれが求めていた答えのようである。
そうか、TTL測光が使えなくても、否、TTL測光しなくても、NDフィルタ数値の倍数段数を、外部露出計にて得た絞りの値位置より段数分だけ絞り位置を変更できるんですね。俺の場合、開放へ近づけられるのです。でも、ホントにそうなのか自分でやってみて過程と結果をみないと気が済まないたちの俺は、なかなか撮り進まない2D改&CanonL50mmF2.8の終わりの方のフィルムで試してみたのだった。
その結果が、アップした写真&データです。画像はアップするためにデータがかなり削ぎ落とされましたです。撮った写真の感想ですが、ボケ味も出てきて、なかなかいけてると思います。やはり一番は、ファインダーを覗いても暗くないことだなー。次回は、もっと被写界深度を意識して、もうちょっと開放に近づくような露出倍数をつかってみようかとおもいます。なるほど、昔の人はこうやって日中写真を撮っていたのかぁ〜 感心しました。それと、このような試行錯誤も写真を楽しむ時の一部だったのかもしれないですね。なんかレンジファインダーを持ち出す気がでてきたですよーーー
4Sb改でのシャッタースピード1/1000sで50mmF1.4での開放が、なんか楽しみになりましたです。。。

Camera:Canon
Model:2D改
Lens:CanonL50mmF2.8 with NDfilter8
Film:Kodak SG 400
Ss:1/500s
Ap:f/5.6<--16
FL:50mm
Distance:2.6m
Time:15:10
Flush:NO
[PR]
by moblue | 2009-10-04 23:12 | Leica Barnack-Leica | Comments(2)

バルナックTypeRF

f0170545_1584043.jpg
どちらかというとなで回して、空シャッターを伐る時の方が多くなってしまった・・・
[PR]
by moblue | 2009-09-29 01:47 | Leica Barnack-Leica | Comments(6)
f0170545_21354055.jpg
レンジファインダー、それもキャノンのバルナックタイプのIVsb改(4Sb改)のジャンクに近いものを買ってしまった。このタイプのカメラの何とも言えないデザインと手にした感触から、なかなか離れられない。だもんで、シャッタースピード1/1000付き実用品がずっと欲しいという気持も背中を押した感じだった。
先日、何気に見たカメラショップの通販ページに手頃な一品を発見し、予約して現物を見に行った。感想は、『ん〜〜〜〜〜・・・っで、まっ、いいかぁ〜』でした。
さっそく家に持って帰って、もう一度、ファインダーを覗いたり、一連の動作をしてみるのだった。ファインダー倍率によって透明度がちがう。っと同時に、二重影像の円形もスッキリしない。それと、うっすら軍艦部にへこみが有る。これらを直すにはどうしたら良いかネットで業者を捜してみるのだが、結構、個人のかたの点検整備ページが多く、しばしそれらに見入ってしまった。ただシャッタースピードの点検ってどうやっているのだろうという疑問が残った。
が、しかし、俺は、職人になってしまった。
f0170545_21365366.jpg
そうです。自分で分解して、清掃し、補修したのだった。。。
そして組上げまして、わくわくしながら、ファインダーを覗きますと、『おぉ〜、よく見える!!! 2重像も良くなった。これはよかったよかった』ってことで、久々に、Lマウントのキャノン50mmF1.4を使ってみようと思うのだった。。。
余談ですが、気になっていることに、シャッタースピードの数値のことがあります。基準値を決める道具って有るのでしょうか? 今回分解してみて、次回にでもシャッター部まで手を入れようとした時に、シャッタースピードをどう決定するのかとても興味が有ったのだった。。。


これを見て、そっかぁ、望遠鏡を逆から覗くという動作なんですね。その90度方向に異なる倍率を設けてあるのですねー。現物を見てみると、『なんだー』って感じですが、閃いたんでしょうねぇ〜。
これがキャノンのレンジ・ビュー・ファインダーの特徴でした。。
[PR]
by moblue | 2009-09-11 21:38 | Rangefinder | Comments(2)
My CanonⅡ-D2
ようやく求めていたキャノンレンズ50mmF2.8(設計者:向井二郎)を装着できました。黒川紀章氏のカメラと同等な状態になったのだ。これで自分の中では、2D改の完成形となったのである。どのように撮れるのでしょうか、。
 2D改に装着しますと、全体の見た目がやはりポップな良い感じに見えます。良いデザインです。撮ってないときも楽しくなりますねぇー。こんなところも、氏は、はじめてのカメラということもあり、写りよりこのトータルなデザインを選ばれたのじゃないでしょうかねー、。さらに衣服とのトータルなコーディネートもそこに有ったように感じます。
 レンズ資料に寄ると、このレンズは2D改の標準レンズらしいです。しかも、当時としては、新設計&新種ガラス2枚使用の4枚構成により解像力が増していたそうです。∞位置での留めを無くしたはじめてのモデルだそうです。鏡胴回転タイプと云い、絞りの前部分もいっしょに回転します。自分は、ネットに書かれていたサイズをもとに、このレンズ用フードやフィルタを先に買っておいたのですが、サイズが異なりました。実際に測ったらフィルター径は34mmぐらいでした。
晴れたら、試し撮りだなー。いや、曇りの方がいいかな、。
そうそう、2D改って、2Dの改良モデルではありません。4Sb改から、シンクロと1/1000を削除したモデルであり、キャノン最後のレンジ・ビュー・ファインダーです。

レンズ設計者 向井二郎 セレナー50mmF2.8 , 50mmF0.95
(撮影:DSC-W200)
[PR]
by moblue | 2009-07-18 08:49 | Leica Barnack-Leica | Comments(6)

手にフィットするサイズ

f0170545_21243445.jpg
カメラのサイズを比較してみようと、ペンタックスMXとキャノン2D改を上下に並べて撮った所、カメラのストラップがロボットの手足のように見え、まるで踊っているように見えるのだった。
じっと見てたら、ケイタイ捜査官7を連想してしまった。
でも、これらのカメラが小さいということが伝わると良いのだが・・・

カメラ: SONY
モデル: DSC-W200
フラッシュを使用: はい
[PR]
by moblue | 2009-05-26 21:34 | Rangefinder | Comments(6)

露出計GE・PR-1

f0170545_2335424.jpg
今風のカメラを使っているとあたり前のように思えていたが、露出計なるものが付いていない機種をつかうと、はじめてそのありがたみが判るのだった。カメラに夢中になって未だ間もない俺には、周りの状態から露出を決めることなどできないからなおさらだ。。。
露出計もいろいろなデザインのものがでまわっているが、やはりカメラとコーディネートしよう。
f0170545_23352796.jpg
ってことで、選んだのが、GE(ゼネラル・エレクトリック)社(USA)のPR-1 です。電池は不要です。
手にしてみますと小型で携帯性も良いし、金属ダイヤルの感触や見た目の良さとか、なかなかの作りとデザインなので、単独で持っていても違和感無いです。シャッタースピード 1/3000まで対応可能です。一応、計測値がどうなのか、デジイチを使って、比較してみますとほぼ同じだったですよ。
ここのところキャノンのレンジファインダーのためだけに使っています。これまでの写真はすべてこの露出計によるものです。
F-1、OM-1、A-1のマニュアルモードにも十分対応できますので、試し撮りをしたいですねー。どう撮れるのだろ・・・
f0170545_02337100.jpg
(撮影:DSC-W200)
[PR]
by moblue | 2009-04-23 23:11 | Rangefinder | Comments(4)

2D改と50mmf1.4-08

f0170545_2158496.jpg
2D改発売当時の資料によると、この機種には、新設計によるCanonレンズの50mmF2.8が着いていたようだ。
それでもって、このF2.8なるレンズを使うことで、時空を超え、当時のことに触れてみたいのだが、なかなかレンズを手に入れられません。そこで、F2.8については、鋭意調査継続と言うことで、デザインの似たようなF1.4を持ってきました。
個人的に、キャノンレンズの50mmF1.4は、好みだなー。理由は特にありません・・・ぱっと見な気分でしょうか、。このレンズでは距離の単位にメートル(m)が追加されている。感覚が良くなりますね。
今回、50年前ぐらいのレンズを初めて手にしたときの感想は、「オリンパスのOM-1に着いていた50mmF1.4の色に似ているなー この黄ばんでいるようなところ・・・」でした。
並べてレンズの写真を撮ってみました。
[PR]
by moblue | 2009-04-23 22:01 | Leica Barnack-Leica | Comments(0)

2D改のある生活-07

日曜は、青空が臨めませんでしたが、とても気候が良くて、気持の良い午前中のひとときをコーヒー専門店のオープンカフェで過ごしてみますと、シャッターを伐らずにはいられませんでした。手持ちのクラシックなGEの露出計も、いきが良いです。
f0170545_10372829.jpg
撮影場所:茨城県ひたちなか市海浜公園入り口交差点付近
カメラ: Canon.
モデル: ⅡD改(2D改)レンズ:CanonLens50mmF1.4
ISO: コダック SUPERGOLD400
Ss: 1/500秒
絞り: 10.0
焦点距離: 50mm
距離:無限大
時刻:11時11分
フラッシュを使用: いいえ

アップした写真は、「室内から撮ったものです!
ってのは、ウソです。。。2D改にて、数枚撮った所で、シャッターボタンを押しても、正常時のような『カシャ』といわず、シャッタースピードダイヤルが、ダルに動いて、表示の▼位置が定まりません。げげっ、壊れたかぁ〜? と思いながら、フィルム巻上げダイヤルを回すと、同時にシャッターが伐れ、正常位置に決まりました。
撮影動作を繰返してみますが、なんか不具合状態が繰返されます。
これ以上撮っても、映ってなかったら悲しいので巻き戻して現像とするのだった。普通に巻き戻せました。
プリントお願いから、待つこと1時間ほどで、出てきたものが、アップした写真なのでした。
「 室内から撮ったものです 」って自分も思えばオッケイだったのだけど、他のプリントをみると右上に黒く何か映っている! 俺の指ではない。 
f0170545_1037444.jpg
Ss: 1/500秒
絞り: 18.0
焦点距離: 50mm
距離:2.2m
時刻:10時49分
フラッシュを使用: いいえ

経験的に前々回のようなシャッター幕不具合のようなものも見られるが、何かの破片が映っている!
そういえば、今回もフィルム充填は、一度失敗している。例によって、一度フィルムを取出したときに、パーフォレーションがバリバリだったのを確認している。そのためフィルムの先を10cmほど切って、再度、フィルム充填した経緯があった。
今回は、手際よくレンズを外してみました。フィルムをちょっと巻いてみますと、現われましたです。原因だったであろうものを確認できました。
f0170545_14534437.jpg
(CyberShot-W200)
そうなんですよ、パーフォレーションの一部が切れて、シャッター幕に挟まったままだったんですよ〜〜〜トホホ。

んー、このバルナックタイプのカメラって、なかなかデリケートなんですねーー。こんなんで投げる人って、結構いそうな感じだなーー。
一方、これにめげずに撮って、撮って、数撮って、人馬一体、人車一体ならぬ、人カメラ一体の境地に達すれば、上記のようなことなどが有ったことすら忘れてしまい、まだ知らぬアナザーレンジファインダーワールドが堪能できている人もいるのだろうなー。。。。はは。
[PR]
by moblue | 2009-04-20 06:00 | Leica Barnack-Leica | Comments(4)

一写入魂派なもんで、トリミング&ペイントは、しません。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー


by MoBlue