タグ:Canon50mmf3.5LTM ( 2 ) タグの人気記事

コンビニ前

Canon50mmF3.5 LTM + a7R
デジタルだと持ち出しやすいのだった。。。
車の中からだったので薄いブルーのフィルターを通しての画像となりますが、いい感じです
Exposure1/2500 sec
Aperturef/3.5
Focal Length50 mm
ISO Speed100
Exposure Bias0 EV
FlashOff, Did not fire
Distance 3m
SoftwareImage Data Converter Ver.4


[PR]
by MoBlue | 2013-12-04 05:11 | Sony_α_system | Comments(0)

Lマウントアダプタ

a7R + canon50mmF3.5 with kipon+L-ring
Eマウント用アダプタを購入する時に、ライカMマウントレンズ用を購入し、LM変換用リングを使えば、LマウントとMマウント両方のレンズで使えるよなー って思うのは当然の発想だと思うのですよー。
迷わず、ネットショップにてKipon(注1)をクリックするのだった。
そして、なかなか使うこと無かったキャノンの沈胴50mmF3.5のLマウントレンズを、マウントアダプタを介してα7Rボディーに装着してみるのだった。。。
おぉーーなかなか良いではないかー これで気兼ねなく気が済むまで写真が撮れるぜー
まっ、眺めるのはほどほどで、さっさと記念の一枚を撮りまっせー・・・っとそのとき、げげっ、レンズのロックが外せない!!!
なんてことでしょう、Mマウントのツバが広くて、Lマウントレンズのロックを下に押せないのだった。 仕方なく、レンズを一旦緩めて、ロックを解除し、再度レンズを締め付けるのだった。
んーー、無限遠近くで使えないことと、気分的に嫌だなー ってことで、LマウントーNEXマウントアダプタを手に入れましょ・・・

EVF ってなかなか良いですよー
ここのところα7Rを使ってみて 自分が感じたのは、このEVFは、2重像こそ無いですが、バルナックやキャノンのレンジファインダーのノリと、フィルム一眼レフの全面マットのノリを感じます。
旧いレンズを装着して、ファインダーを覗き、マニュアルでピントを合わせるのですが、そのときの感じがフィルム一眼の全面マットスクリーンのように ピントマーカー(ピーキング)を使いピントを合わせますが、さらに、ピント精度を出すために、ピントの合わせたい位置にフォーカスフレームを移動させ、その枠内部分を約7.2倍、約14.4倍と2段で拡大後も、ピント調整できるのですよ。(注2)バルナックやキャノンの変倍ファインダーのような感じです。これはピント合わせにかなり効果があります。じっくり一枚撮るかたには、AFが気にならないと思うなー。眼鏡使用の俺にはとても助かります。薄暗い場所も気にならないし、。
また、撮った写真を、EVFに再生しますと、ポジのようにルーペで覗いて見るという気分が味わえるんですよー。これは感動ものです。知り合いに試させると、みなさん、驚いています。撮った時の立体感が、蘇って、ホント、素晴らしいです。
フィルム感覚でじっくり一枚撮る方には、気に入って頂けるカメラじゃないですかねぇ〜 けっして、ステマじゃないですよ
α99のEVFを量販店で覗かせてもらいましたが、α7のEVFほうが良かったです。
OVFが良い、とりわけ、α900 は最高だとネットで目にしますが、α7のピント拡大を味わうとなかなか戻るのも辛いかと、。まして、純正Aマウントアダプタを試着してSAL50F14ZAを使ってみましたが、手ぶれ補正が無いものの、AF等がそのまま使えて素晴らしかったです。純正マウントアダプタを付けたら、外せなくなりまっせ〜。
このカメラは、細々と驚く機能がてんこ盛りです。

それから、ネットのコメントに「SONYは、継承モデルを造らない」と有り、それを読んだ時に解釈できなかったのですが、今回α7Rに搭載された機能を細かく試したり、識者のかたに教えて頂くと、それが理解できた感じです。
RX1、α7、α7Rとそれぞれ被るところ無く、むしろ時代とともに、搭載できる最先端の技術を使って実機を出していると思え、それで如実に単一モデルとなっていると解釈するのだった。。。

注1 Kiponの金型って日本製らしい
注2 外付けEVFを装着したLeicaM やRX1と同じかと
(撮影:iPhone4S)

[PR]
by MoBlue | 2013-11-30 04:28 | Sony_α_system | Comments(6)

一写入魂派なもんで、トリミング&ペイントは、しません。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー


by MoBlue