タグ:CanonL50mmf1.4 II ( 14 ) タグの人気記事

石灯籠

Tourou
カメラで景色を撮るのだった。
先日手にしたCanon P &50mmF1.4LTM で撮ってみるのだった。
フィルムを入れて、久しぶりに景色をとるためか、緊張する。。。これで伐ってよかったっけ と自問自答してみるのだった。。

撮影場所:茨城県大子町・もみじ苑(月待ちの滝)にて
Camera;Canon
Model: P(Populaire)
Lens:Canon50mmF1.4LTM
Film:FujiColor 100
Ex:1/250s
Ap:f/1.4
Fl:50mm
Distance:2.0m
T&D:14:42/20110515
[PR]
by moblue | 2011-05-16 00:18 | Rangefinder | Comments(0)

モダンなポピュレール

Populaire with 50mmF1.4
消費活動をしよう!って言い訳ではないのだが・・・
キャノンPを、いろいろ写真等で見ていましたが、シンプルでなかなかなデザインだと思っていたのだった。実物を手の中で見ますと、ついて出た言葉が、『おっ、modern !』なのだ。ほんと見た目、シンプルでクールです。また後扉の色ダイヤルもワンポイントな感じで好みです。おもむろに、ファインダーを覗きますと、『うゎ〜、これは好い』です。VI-L のファインダーと同じように見えます。そう、完全等倍ファインダーです。例によって、両目を開けて、ファインダーを覗いていられます、否、ファインダーを覗いている感じが有りません。これは、キャノンのバルナック型でも等倍で覗けますが、コシナのフォクトレンダー・BessaR3Mと同じ感じです。『高級機の廉価版(a popular [low-priced] edition)キャノンP』とか目にしますが、50mmを主に使う自分には、VI-L と遜色無い感じです。『キャノンPのファインダー内のブライトフレームがじゃま』ということも、目にしますが、自分には気にならないなあー。シャッターは、厚さ18/1000mmのステンレス金属幕が採用されているそうです。やはりシャッター音はくもった感じです。
このキャノンPは、発売当時、大ヒットしたようですが、今の時代でも、古臭さを感じないデザインと内容だよなぁ。標準レンズは、50mmF1.4だったようです。。。
ところで、このキャノンPが発売された経緯に、良く聞く『ライカに追いつき追い越せ』という事での、高価な機種でのマイナーチェンジの繰り返しが、会社にとって良い方向でなかったようで、1957年に企画室が生産と販売の方針を立てるという事になったそうです。そして、1959年に発売され、大ヒットしたのだった。大ヒットした背景に、低価格ということも有るが、『パッと見、欲しい』と思わせる見た目のデザインと機能も有ると思うのだ。とてもシンプルなキャノンPのフロントビューなのですが、キャノンPが発売された1950年代末から60年代は、モダニズム建築の全盛時代であったことから、デザインの幅広い分野にもそのトレンドが有ったに違いないです。それらを考慮したのも企画室じゃないでしょうかね。簡単にモダニズム建築というと、機能的・合理的で装飾のない建築ということなのですが、キャノンPにもそんな感じがするのだった。また、モダニズムの果ては、ポストモダニズムがやってきて、そのつぎにまたモダニズムがやってきて、というふうに繰り返されるように、キャノンPとVI-L を比べると、そこにもモダンとポストモダンの流れを感じました。
使い心地のいい感じのカメラですよー。
[PR]
by moblue | 2011-04-25 01:06 | Rangefinder | Comments(8)

ごみばこ

Garbage box in bicycle-parking space
とにかく、やたらに写真を撮れないこのごろ。撮る場所と言ったら、駐輪場等が無難のようだ。まっ、警備の人が怪訝そうな顔して遠くから見ていることがよくあるのだが、。
そんな駐輪場で、ひときわ輝いて美しかったゴミ箱が目につきました。何度となくカメラを縦横にして構図を考えて、距離と露出等をいろいろ試み、ようやくシャッターを伐ろうかと思った時に、ファインダーのなかに女子学生が自転車を乗付けて入ったのでした。おぉーナイスです、いただきます。って、1枚、シャッターを伐るのでした。
できあがりを見ましたが、いい感じです。。。はは

撮影場所:千葉県茂原市アスモ駐輪場にて
Camera:Cosina
Model:BessaR3M
Lens:CanonLens50mmf1.4
Film:Kodak Gold 100
Ss:500s
Ap:f/1.4
Distance:2.1m
Time:15:00
[PR]
by moblue | 2010-02-15 18:31 | Rangefinder | Comments(2)

地表への階段

Stairway to the ground
自分は連奏CD派です。というよりCD派です。その限られた枚数に何を入れるかは、ちょっとした楽しみでもある。
その1枚に、俺は、Zeppelin を入れる習わしであるのだった。そして、Zeppelin と言えば誰でもが知っているであろう『Stairway to heaven』、邦題が『天国への階段』である。そんな俺は、長めの階段を上るときに必ず思い出すのが、この文字列である。
そして、今回、カラフルな公園の遊具に登って、振り返ってじっと下を見た時に、やはり、この文字列が思い浮かんだのだった。
俺は、まだまだ地表付近だぜーと思いつつも、写真の地表がボケているのだった。。。はは

撮影場所:茨城県東海村大字村松の阿漕ヶ浦公園(あこぎがうらこうえん)

Camera : Bessa R3M
Lens : CanonL50mmF1.4II
Film : Fuji superia X-TRA 400
[PR]
by moblue | 2010-01-18 10:29 | Rangefinder | Comments(4)

情報力

R3M-20100101-17
道路の分岐の手前にある看板。
鮮やかな色と明るいデザインで気になっていた看板なのだ。
映画『未知との遭遇』のなかでUFOが、マクドナルドの看板をスキャンするシーンが有りますが、俺は、クルマで通ると、この看板を確認するのは瞬時、そして右折する。
その結果、俺がこの看板より受取って他人に伝えようとする情報は、『パンケーキが700円の店がどっかに在る』となって、ずっとそう思っていた。そして、700円のパンケーキはどんなものかという興味心で気に留めてもいた。
しかし、写真でしっかり見ると、『お店は、直進で700m先、クレープ、パンケーキを売っている』という情報が得られるのだった。。。
このことより、以前の俺と同じように思っている人が多くいるに違いない。そして、お店へ行こうと思う人より、パンケーキに興味を持った人もいたはずだ。 高価だと思った人もいるに違いない。
そこで俺は、思った。
この看板の、『700m先』という文字列を、『直進0.7km』のほうが、正確な情報が伝わるのじゃないかと・・・そして、売上げに貢献できるように思うのだった。。。
大きなお世話かな、今度この店に行ってアドバイスしようかと、。
[PR]
by moblue | 2010-01-10 16:59 | 日々の出来事 | Comments(0)

BUS_STOP

BUS_STOP
気短な俺は、1区間歩いちまった。
これまた被写界深度も浅くよいボケが出て、立体感のある写真ができたのだった。
いい感じ〜〜〜 実に、おもしろい!!
しかし、他のカメラのファインダーを覗かなくなったなぁー、Eos-1vくらいか・・・
そこで残骸カメラを、○ードoffに処分しにいくと撤退していたのには驚きました。

Camera:Cosina
Model:BessaR3M
Lens:CanonL50mmf1.4
Film:Kodak GOLD 100
[PR]
by moblue | 2010-01-07 09:56 | Rangefinder | Comments(2)

円(2)

Circle
歩道を歩いていますと、バス停に椅子が留めてあることに気付きました。
田舎では、土地が有り、高齢者も多いためか、バス待ちの間のためのベンチが有るのだった。その飾り模様がなんか良かったのでした。。。
被写界深度も浅くよいボケが出て、立体感のある写真ができたのだった。
おおーーいい感じ〜〜〜

Camera:Cosina
Model:BessaR3M
Lens:Canon50mmf1.4
Film:Kodak GOLD 100
[PR]
by moblue | 2010-01-06 21:18 | Rangefinder | Comments(2)

初日の出にて(3)

R3M-20100101-09-02
おぉーーー バイクがとってもクールに写ったのだった・・・
じっとこの写真を見ていると、カー○ラTVのエンディング曲「THE THEME OF WINNER」でのスローなサックスの音が、頭の中に流れてくるのだった・・・
flickr's SuperCub Site
[PR]
by moblue | 2010-01-02 15:36 | Rangefinder | Comments(6)

初日の出にて(1)

R3M-20100101-01
バイクオーナーが撮っているところを撮る・・・
これは、2010年の初撮りです。フィルムです。。。
flickr's SuperCub Site
カブが写っているこの写真を見たヨーロッパのかたは、カブの型が判るのだった。そして、そのカブファンは、この型がヨーロッパで販売されていないために、羨ましく思ったようでした。
俺も、ほんの一年前に、キャノンのバルナック型のレンジファインダーの見分けがつかなかったように、判る奴が見ると判るんだなー 新車だってことが・・・
[PR]
by moblue | 2010-01-02 14:30 | Rangefinder | Comments(2)

Circle
自転車にピントがピタリきました。とくにサドルがくっきり写るのだった。。。いい感じ〜
Lマウントのキャノンの50mmしか持っていないのだが、もうちょっと広角が欲しい気がしないでもない。
でも、その前に、もっと明るい50mmレンズを弄ってみたいものです。
このカメラはおもしろいです。
ラ○カの○9が売れているのも判らなくはないですね。
[PR]
by moblue | 2009-12-27 22:08 | Rangefinder | Comments(1)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue