人気ブログランキング |

タグ:DSC-W200 ( 30 ) タグの人気記事

K->4/3アダプタ

K->4/3 mountadaptor
マウントアダプタが増えると当たり前だが、選択肢が広がる。どのコンビネーションにするか決めかねて、家を出るのが遅くなることが多々起きているのだった。以前は、家族に促していた言葉が、このごろは、「まだ行けないの?」を浴びている。将棋で言ったら、一手を迫られてる状況で、持ち出しカメラ&レンズを決めているのだった。。
そんなこんなで手にしたアップしたような写真の組み合わせがとてもクールで、手にもフィットするので、撮ってみたのだった。
ただ、この組み合わせは、じゃじゃ馬っていうのでしょうか、神経質です。が、撮り手の興味を削ぐことがないですよ。。。来月はこれに凝ってみたい。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2013-01-26 08:45 | Olympus - Digital

ルーター

f0170545_2164998.jpg

インターネットへの接続回線を光回線にすると、「速い!」 って良く聞くのだが、ADSLを使っている俺は、光ファイバー黎明期から、俺のネット回線状況について、間を空けて116に問うていたのだった。すると、電話の向こうから返ってくる言葉は、モニター速度に驚きながら「お客様の場合は、満足感が得られないかもしれません って言うか、現状より速度が落ちるかもしれません」と言われ続けていたのだ。だが、俺もそろそろ光ファイバー回線ってのがどんなもんなんか味わいたくて、今回踏み切ったのだ。たった距離10m前後の光ファイバー回線なのだった、そう、俺の家の隣に電話交換局舎があるのだった。。。はは
俺は、プロバイダー接続で、安直にADSLから光ファイバー回線へ接続変更できるものと思っていた。以前、プロバイダーに問い合わせたときに、「特別な設定はございません」という返事をもらっていたからだ。だが、今回、その言葉を信じて接続動作をおこなっても、繋がりませんでした。PPP認証エラーと表示されまっせー旦那〜。っでそのことをサポートのかたにお伝えしますと、現在は、接続先が異なるようでした。しかも黎明期の返答に対して、平謝りしていただきまして、いろいろ話を通していただきましたが、解約&変更等の手続き書類の多いことといったらたまりませんです。DNS・アウトソースによる書き換えの疑問が残るが、まっいいかぁー
また、この機会に、ルーターを見直すことにして、シスコとはいきませんが、好みのヤマハのルーターを新しくするのだった。んー、迷って、写真のヤマハ・RTX○810 にするのだった(この際1200のほうがよかったかな)。3月末に、無線ルータが発売になるようで微妙だが、待てん!!
ちなみに、NFS とルーター技術は、サン・マイクロシステムズの技術でしたが、ルーターは重要視されませんでした。そして、シスコ・システムができたです。そんなんだから、oracle にサンは吸収されちまったのかもしれませんねー。Unix系の本や雑誌には、スパークをルーターに設定する記事とか多々載っていました。
しかし、iPhone テザリングのおかげでインターネットを使わねばならない必要最小限のことができて良かったーー。今の時代、ネットが何もなくなったら、JKは死んじゃうっていってるけど、やはり、狂気の沙汰かも・・・
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2013-01-20 21:15 | その他

正に仏蘭西のエスプリ

FOCA Universel R
暮れや年始には、「来年は・・・」とか「今年は・・・」とかテーマというか目標を掲げると思うのだが、
過去3年の12月での、俺の悲願は「カメラボディーを買わない」である。今年は、小さい防湿庫内を整理しながら、それを実行するために、切りの良いように、俺の心を満たす独創的なモノにしようと決めたのだ。しかも1D Xがくる前の事だ。そしてようやく、誰もが手を出さず、自己満足度も高いひと品をてにするのだった。
そう、お仏蘭西製のコピーライカ、FOCA だ。しかもユニバーサルRである。詳しくは、他のページをみていただくとしても、レンズの脱着には驚きました。みなさん、レンズをロック位置にしてから外そうと試みますよねぇ?解除ボタンの上にロック位置が有るのだった。ロック位置から外れてないと、ロック解除ボタンが押せないというギミックなのだ。エスプリに富んだなんとかといいますが、ホントそんな気質が伝わってくる個々の造りに驚かされること必至です。
ただ、技術力不足なのかスペースの問題なのか判りませんが、せっかくの巻き上げレバーが、ラチェットじゃないです。これは強く感じました。巻き上げ角度からしても、使っている時も案外不便じゃなかったかと・・・
ってことで、大晦日に、今度は完成形の Leica IIIf RD with selfTimer(1956)を手に入れ、「来年は、フィルムカメラを買わないぞ(でも上海欲しいよなー)」っと心に誓うのだった。。。

docomo Wi-Fi がロー○ンのほか、セ○ンイ○ブン、デニ○ズで使えるのに気づいた、なんか結構便利になっている。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2012-12-31 19:45 | Rangefinder

招きEOS1

EOS-1D_X with GP-E1(GPS)
俺も忘れていたEOS-1D X のためのGPSが、今更ながら到着した。GPSロガーとしても使えるようなのですが、電源はカメラからとなります。一応、動作確認のために取り付けてみるのだった。
考えていたより邪魔だなー。そして、取り付けた1D X をじーっと見ていますと、招き猫のように見えてくるのだった、何を招く?

初対面の目の前にて、写真のこんな感じで、「(あなたの)写真を1枚撮らせてください」って来たら、やっぱり大方ひくわなー、それでも撮らせてくれる人って、どう思ってんのだろ・・・
α900 だと声をかけられたり人も寄ってくるが、EOS-1D X だと、俺が仕事してると思うのでしょうか、孤独です。。。はは
まっ、これが気になり、一昨日は、遠くからお声がけをしたのだった。。。

やはりカメラのコンセプトが、3年ぐらい古くないですかね。でも、素人の俺でも、このカメラを使いだすと人カメラ一体感が、もの凄く良いのには驚く。。。
(撮影:DSC-W200) 検索:Canon GPS GP-E1
by moblue | 2012-12-17 13:30 | Canon_digital

50mmFinder

Leica_50mmViewFinder
Leica IIIf の構図を決めるためのボディー内ファインダーは、倍率が低くて見づらいと思うのです。
キャノンのレンジ・ビュー・ファインダーでは、外付け50mmのファインダーを、手に入れてはみたものの撮影時に装着して使おうとは、思わなかった。でも、このIIIf には、欲しいと思ったですよー。
手にして装着してみますと、カッコより、それは撮影には欠かせないですよー。いい感じに構図が見える!(まっ、慣れると外付けファインダーは不要と云われるのだが・・・)
ちなみに、写真のようにファインダーボディーに見れる部分セレーションを、最初はデザインかと思っていたのですが、実際にファインダーをボディーに装着し、外す時にその効果が判りました。滑り止めだったんですね。確かにキャノンファインダーと異なり、取り外しやすい! 
自分の手にしたLeicaのファインダー筒は固定です。細かいこというと、パララックス補正用の台が必要となるかと。
キャノンの首振りタイプは、キャノンボディーと連動の、距離に応じたパララックス補正をするために、可動となっている。
私見ですが、どちらを付けても、見やすいです。。。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2012-10-30 00:26 | Rangefinder

リアルF1.1

NOKTON 50mm f1.1+R3A 2nd
なかなか計画道理に物事が進まなくて血迷っちまった俺は、0.95 より 1.1 へ往っちまった。
Mマウントいう初めてのマウントのためでしょうか、作りがしっかりしているように感じられる手触りなのだった。
R3A に取り付けてみますと、距離ダイヤルの重みもなんかいい感じだし、そこから覗けるファインダーの二重像も、気分的なものか、いい感じに見える。でも、同会社のモノだから一体での開発があり、お陰でより良い状態に仕上げらているのでしょうか、。
この状態で手持ちし、ぶらぶらしておりましたら、ギャルに睨まれました。見た事無いカメラと言うかムービーに見えたためでしょうか・・・俺は、
まだ盗撮をしていないって! はは

(撮影:DSC-W200) 検索:コシナ・フォクトレンダー
by moblue | 2012-10-16 20:00 | その他
Leica IIIf + 50mmf3.5
そう、『○っても鯛』ということわざの意味に、『だめになっても価値がある』、『見た目しっかりしているが内部はだめ』という異なる意味が有るようだが、このバルナックにも当てはまるような気がします。
ってことで、バルナック型からどうも離れられずに、真のバルナックを手にするのだった。この Leica IIIf RD withSelfTimerは、フィルム感度の指標が無いということでジャンクなんです。でも自分には良い感じなデザインにチューンナップされているように映るのだった。シリアルから1956年モデルのようです。
ボディーに定番であろう Elmar50mmf3.5、とりわけ赤エルマーを着けてみますと、なんか凛々しい外観に見えるのだった。エルマーの文字に使われている赤は控えめで、レンズの薄いパープルブルーとボディーのシルバーと相まって気高くもあり刺激的です。さらに、純正フードを手に入れて装着しました。レンズキャップが、フードキャップにもそのまま使えるには驚きでした。
ファインダーの2つの窓を覗きますと、左側の窓はピント用、右側の窓は構図用になっているのだった。ピント用の窓は、視度補正ができる、なんか重宝だなー。俺は、キャノンを使っている時に、ピントと構図を決めるために、変倍ファインダを繰り返し切り替えて2つの状態を見ているのだが、IIIFを触ってみると、切り替えずに2つの状態を確認できるという利点をおぉって思うのでした。(構図のフレームに関しては、どんどん撮れば、自分の中にフレーム感覚ができ、ファインダーが不要でもあると、ものの本にはある)
はじめてのライカIIIfの初撮りをしたいのだが、銀塩については、ここしばらくエアーカメラ状態で、機材は手に入れるのだが、ネットに掲載されている同機種構成での結果の写真を見て、満足しちゃうのだった。はは。
それに暑いしなーー・・・俺もライカに手を出しちまったかぁー
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2012-08-09 15:01 | Leica Barnack-Leica

M42->K

M42->K
定番であろうマウントアダプターを手に入れたのだった。
M42マウントのレンズを、Kマウントのカメラ、俺の場合、PentaxMX に取り付けるために使うものだ。
ボディーとアダプタの赤い点を合わせて時計回りに締めれば良いのだ。アップした写真の中にあるメタルのモノは、アダプタを脱着する時に溝に刺して回すためのものだ。
なんか、久しぶりにMXを取り出し、super-takumar 50mm/1.4 をねじ込んで付けてみますと、なかなかイイ感じです。のちに発売されるSMCのゴムが使われているボディーよりやっぱり断然似合っていますぜー。ただし、この場合、MXのファインダー内で見れる絞りの数値が、正しくないです。カメラボディーのPENTAX の文字列の上に黒い■が写っていますが、そこを通じてレンズの絞り数値を見る仕組みになっています。Kマウントレンズでは、その位置が絞り位置と一致するのですが、M42マウントですと、ずれるため正しい数値となりません。これが許せるかどうかだなー、常に開放なら気にしない・・・でも気になる。。。
ほんとPentaxMXを久しぶりに*見た*なー。。。はは
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2012-06-24 22:46 | Camera Body

Rレンズ

R 50mmf1.8
キャノン・フレックスRMを手にしたものの、レンズのこれだというものがなかなか手に入らなかった。
どうしても、このデザインが惜しくて、レンズを待っていました。そして、ようやく 50mmf1.8 を入手しました。というのも、ネットでRMについて読んでみますと、専用のRレンズを使うと絞りが自動設定される、しかもこのRレンズしか使えないように読めるのだが、良く判らん。
そして、今回手にしてみますと、二つ有る絞りリングの外側は、シャッターチャージをすると同時に、絞りもチャージされ、リリース時に、絞られるという機構だ。当時は、世界初だったらしいです。内側の絞りは、ファインダでその絞り値での被写界深度とかが確認できるというものだ。
この機構ため、マウントは同じだが、RMにFDレンズを付けると、常に開放となるらしい。。。後ほど確認しましょ。
ネットを読んだ印象は、このデザインのためにこのカメラを持っている人がほとんどのような感じ。。。

金環日食を見たのだが、隼の帰還を見たときと同じような感動が有ったなー
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2012-05-21 21:15 | Canon Film

鉄の呪縛

minolta 35IIB
フィルム写真から遠のいている。時間もない事だしなー ってことで、フィルムカメラを売りに行った(まっ、捨てに行ったと言う方が正しい)。
すると、ミノルタのレンジファインダーが、こっちを見ているのだった。珍しいな って思いながら、寄っていきますと、予々欲しかったminolta35 である。しかもフィルムの駒送りが今と同じ最終バージョンの IIB じゃないですか!さらに、これでもほしくないか?とばかりに『Super Rokkor 50mm f1.8』のレンズが、付いている!
実際に手にしてみますと、そりゃーあなた、すごい。レンズに自然光を斜めにあてて見た時の薄紫の色と言ったら、それはそれは例えようも無く美しく、周りの音が聞こえなくなったですよー その場で、激しく悩みました。
天空△城・ラピ△タのなかで、主人公がどうしても困ったときに口にする呪文とか云っていたが、俺もそれに負けないぐらいの呪文を口にしてしまった・・・『これください』
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2012-05-09 19:49 | Rangefinder

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue