人気ブログランキング |

タグ:DSC-W200 ( 30 ) タグの人気記事

日はまた昇るか

Sunset
2001年スペースオデッセイから早10年が経ち、2010年を迎えた。
誰でも年頭には、『本年もよい年で・・・』とか、『本年はよい年で・・・』とか心に思うだろう。俺も元旦の初日の出を見ながら、そのようなことを思ったのも束の間、数時間後には嫌なことが起きた。そして、楽しいはずの正月、七草の日を過ぎてもいっこうに嫌なことが起きる力が衰えない。そのあとも、続いていろいろ起きて、迎えた月末近くには、10ヶ月前に行方不明となっていた知合いが、亡くなって発見され、急遽御霊前への参加となった。心なく睦月が終わろうとしていた。
まっ、この反動で、来月からは、きっと良いことがあるに違いないと思った1月31日の夜でした。
そして、明けた2/1、月曜の朝8時、警察官の突然の訪問。さきにこちらが警察官に事情聴取をすると、隣家で老婆が亡くなったことで隣家の人間関係についてのお尋ねだった。老婆が亡くなったとは知らなかった、今週また葬式かぁ。隣家は1家5人で住んでいながら、老婆の死後数日経っていたために検死となったようだ。このごろのDNA鑑定のあり方や、あとになって殺人事件となることが多いためか、それはそれは慎重を期したもののようでした。また1/31のNHKスペシャルで無縁社会のことを扱っていたが、家族がいても無縁社会となってしまうのは心が痛みますねぇ。
いったい今年は、この先どんな日々が待っているんだ。1/fゆらぎ的には、こんな状態は、いずれ去り、結果、待てば必ず好転するはず、日はまた昇るはずなのだが・・・
じっと待てないから今回は、力を入れて『鬼は外、福は内』を実行するか、成田山行くかだな。。。
そして。むしゃくしゃする日々が続くので、気分転換に中古パソコンを買ったのだった。
ノートパソコンを買いたかったが、やはり、見た目で以前から欲しかったデスクサイドマシンに決めたのだった。沈みゆくSUNのマシンだ。
実物を面前で見ると、シルバーがクールで心引きつけられるのだった。
がしかし、ここからOSインストール、アプリインストール、ネットワークサーバ設定等々の俺の行動プログラムを考えたら、なんか面倒、なんかとっても面倒だ。
しばしこのマシンは、インテリアにして現状マシンでいましょっと・・・そのほうが健康に良いし。。。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2010-02-02 19:41 | その他 | Comments(2)

J形巻上げレバー

f0170545_2317963.jpg
買ってはみたもののなかなか装着する機会がないというCanonF-1のブースターTファインダー。このファインダーの装着状態を眺めるためのF-1ボディーを買うことにした。。。はは。どうせなら初期物がどんな感じか知りたくも有り、そちらのジャンクを入手してみました。
初期型と改良型で巻き上げレバーが異なるのは、周知のことですが、感触を知らない俺は、ネットや紙面での評判を多々読むが、ホントはどうなんだろうとトライしてみるのだった。
感想ですが、F-1nの感触が身に付いているのか、はじめに巻上げレバーで十分巻き上げできないことが起きました。しかし判ればじっくり巻き上げることができます。巻上げ角が気になるのもF-1nの角度を知っているためで、じっくり1枚1枚撮る俺には、この角度でも問題ないと思うのだった。何よりの驚きは、レバーに収納用の遊びが有るところでした。持ち運び時は、ファインダー部の幅に収まり、使う時へは、軍艦部とファインダーの幅の差よりレバーに指をが掛けられる取出し幅がつけられてる。ちょっとしたことですが、ここの部分が実に素晴らしいデザインですよねー。レバーのギザギザがここの位置まで必要なのかなとか、何度も何度も親指のアタリの感じを確認してしまったのだ。F-1nのチープな造りと異なり、レバーも含めて造りが良い感じです。ホント、新鮮な驚きが有るのだった。やはり自分で確認してみないと判らんなぁ〜(写真は、使用時状態)。。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2009-11-12 00:00 | Canon F-1 | Comments(0)

M-1の巻き上げロック

f0170545_20483392.jpg
こだわりというか、道楽といいますか、オリンパスのフィルムカメラと言ったら、M-1かOM-3でしょうか、。どちらかといったら、まずは伝説の『M-1』を使ってみなければ気がすまなかった。ご存知の通りの名称だけで、カメラボディはOM-1と同じなんですけどね。
そこで、価格も安くなってきてまあまあな一品をゲットしました。しかしながらあろう事か、いきなり巻上げ途中で、巻上げロック(巻上げレバーは動く)となり、シャッターを伐ることができなくなりました。げげっ、又かよー。でもカメラを軽く叩いてあげますと、何事も無い正常状態に戻るのだった。こんな不具合状況を何度となく起こし、故障状態を理解するのだった。
そこで、ネットに相談致しますと、これまた巻上げロックは定番の不具合に上がっていました。そしてこのような場合の多くは、巻上げ動作中でのギアの作動不良の様で、給油により大方直るようなことが書かれているのだった。驚いたことには、巻上げ&シャッター系の機構がカメラの底部にあることだ。
俺は、さっそく底盤を外して、巻上げ&シャッター動作をさせながらギアやレバーの動きを見てみると、やや重くなっているようだった。今度は巻上げ&シャッター動作をさせながら給油をしてみると明らかにスムーズになっていくのだった。またシャッタースピードを変えながらもその動きを見て給油すると、低速でもシャターが伐れるようになったのでした。気のせいか、シャッタースピードの高速側では、粘りがとれてシャッタースピードが上がったような・・・ちょっと驚きのプチメンテナンスだったが、よかったぁーーー。。。はは

(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2009-11-09 21:28 | その他 | Comments(4)

ワーニングライト

f0170545_13284162.jpg
ルノー・アルピーヌV6ターボのメーターパネル脇のワーニングライト点灯時が、とても鮮やかでデザインも良かったので撮ってみたのだった。。。
ベネトンカラーは好きなのだが・・・似ているような。
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2009-09-20 13:35 | その他 | Comments(0)
My CanonⅡ-D2
ようやく求めていたキャノンレンズ50mmF2.8(設計者:向井二郎)を装着できました。黒川紀章氏のカメラと同等な状態になったのだ。これで自分の中では、2D改の完成形となったのである。どのように撮れるのでしょうか、。
 2D改に装着しますと、全体の見た目がやはりポップな良い感じに見えます。良いデザインです。撮ってないときも楽しくなりますねぇー。こんなところも、氏は、はじめてのカメラということもあり、写りよりこのトータルなデザインを選ばれたのじゃないでしょうかねー、。さらに衣服とのトータルなコーディネートもそこに有ったように感じます。
 レンズ資料に寄ると、このレンズは2D改の標準レンズらしいです。しかも、当時としては、新設計&新種ガラス2枚使用の4枚構成により解像力が増していたそうです。∞位置での留めを無くしたはじめてのモデルだそうです。鏡胴回転タイプと云い、絞りの前部分もいっしょに回転します。自分は、ネットに書かれていたサイズをもとに、このレンズ用フードやフィルタを先に買っておいたのですが、サイズが異なりました。実際に測ったらフィルター径は34mmぐらいでした。
晴れたら、試し撮りだなー。いや、曇りの方がいいかな、。
そうそう、2D改って、2Dの改良モデルではありません。4Sb改から、シンクロと1/1000を削除したモデルであり、キャノン最後のレンジ・ビュー・ファインダーです。

レンズ設計者 向井二郎 セレナー50mmF2.8 , 50mmF0.95
(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2009-07-18 08:49 | Leica Barnack-Leica | Comments(6)

手にフィットするサイズ

f0170545_21243445.jpg
カメラのサイズを比較してみようと、ペンタックスMXとキャノン2D改を上下に並べて撮った所、カメラのストラップがロボットの手足のように見え、まるで踊っているように見えるのだった。
じっと見てたら、ケイタイ捜査官7を連想してしまった。
でも、これらのカメラが小さいということが伝わると良いのだが・・・

カメラ: SONY
モデル: DSC-W200
フラッシュを使用: はい
by moblue | 2009-05-26 21:34 | Rangefinder | Comments(6)

世界最小 02

Pentax MX
やっぱり手にした感触が、キャノン2D改のようで吸い付きますねぇーーー
修理しようと思っていたが、別に撮影可能品を購入してしまった。ついでにレンズも良くなった。。
思った以上に、良い感じですねー 
そして、例のペンタックス純正のマウントアダプタを注文するのだった、レンズにハマりそうだなー
でも早く撮ってみたい。。。
ペンタックスカメラに『世界最小』という言葉は、このカメラがはじまりなのでしょうか、。

(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2009-05-23 19:47 | Camera Body | Comments(2)

ギア

f0170545_2120396.jpg
クルマのリングギアの冷たく光る様と削れた所が連なる反りのラインがとても美しいのだった。

(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2009-02-14 21:22 | その他 | Comments(0)

コーラ2000年モデル

f0170545_20584518.jpg
ひごろは、デ○ーズやマク○ナルドのとても薄味のコーラにはお世話になっているのだが、ビンで買って忘れていた一品が、クルマの中から現われた。。はは
コーラの2000年モデルです。って、そんな前に買ったんだなー。賞味期限001111となっているから、ちょっと飲めないよなー。
ビンのオールドな感じが良くて買って飲まずに忘れていたものだ。
箱から取出し、クルマのホイールと絡めて写真を撮ってみました。なんか、なんか、思いの外、なんか粋に写りました。。。はは。

(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2008-10-15 20:59 | その他 | Comments(0)

Cafe La Boheme

f0170545_20212533.jpg
とても印象的にシンボルの光の場が写りましたよー
2008年度の最高傑作になりそうです。。。はは
ホームページからの抜粋です--->店名のラ・ボエムには、プッチーニのオペラに登場するボヘミアンのように、因習にとらわれない自由な生き方をしようとする意味が込められており、中世のヨーロッパを模したインテリアを再現しました。
写真は、新宿御苑に在るお店にて写してみましたです。

肝心の飲食物は、ホームページCafe La Bohemeで、確認してください。
これは、決して、営業ではありません。。。はは

(撮影:DSC-W200)
by moblue | 2008-10-04 20:36 | その他 | Comments(0)

一写入魂派なもんで、トリミング、ペイントそして現像はしないです。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー この頃、RF35mmも使います。


by MoBlue