タグ:Olympus E-300 ( 12 ) タグの人気記事

旧いカメラのモノクロ

untitled
(撮影:Olympus E-300 OlympusDigital 25mm1/2.8 現像なし、モノクローム)
E-300 というと激しいブルーが連想されるのだけど、
本体設定で、モノクロームがあり、これも気に入っている。
ずっと持っている E-300 を久しぶりに使って撮って観るのだった
なんかいい感じ〜
余談ですが、E-1にはモノクロモードがないです。
photos等のソフトウエアで色抜きしなければならないです。




[PR]
by MoBlue | 2018-06-03 16:31 | その他 | Comments(0)

myLeica IIIa

myLeica IIIa
写真を撮るために外出したいのだが、なかなか長時間外出できないこの頃なのだった。
自ずと、カメラでカメラを撮るという行動になってしまうのだった。
元々クールな形のモノであるから、ただただシャッターを伐れば、いい感じには必ず撮れるのだった。
楽しくもないが、まっ、中途半端な時間つぶしですかねぇー
ってことで、身近に置いてあるバルナック Leica IIIa を撮るのだった......うっ、うつくしい〜
[PR]
by moblue | 2014-03-01 07:35 | Leica Barnack-Leica | Comments(4)

フレンズライカM6

myFriend's Leica M6/1985
先日、ライカM2を見せびらかしに行きました。そこで、M6をいじらせていただきました。かなり以前にM6を量販店の中古コーナーにてみた1品とは異なりました。とても感触の良いボディーでした。しかも、結構マイナーアップグレードされているんですね。そんな弄ったボディーは、初期の1985年モデルで、天板の文字列がなかなかカッコいいー。
で気になったのは、ファインダーです。なんでもよく有るようなのですが、バルサム切れでした。言われるまで気にならなかったですが、解ると気になる。。。はは
そして1番の印象深かったのは、露出計内蔵ということなんだが、ファインダーを覗きシャッターボタンを押すと、露出計というか、赤い▶︎◀︎露出表示でした。コシナの単体露出計が思い出されたです。
でもこのM6のファインダー内表示って、コシナの単体露出計が表示する▶︎の意味と異なるために、コシナの▶︎と向きが逆となる表示じゃないでしょうか?
ファインダー内に2つのLED(▶︎◀︎)が、同じ明るさで点灯した場合が、適正露出と解るのですが、
右側(◀︎)だけが点灯した場合、1段以上露出オーバー。
左側(▶︎)だけが点灯した場合、1段以上露出アンダー。
そして、
両方点灯し、右側が暗く点灯した場合は、1/2アンダー。
両方点灯し、左側が暗く点灯した場合は、1/2オーバー。
なんだそうです。
ライカM6の露出計は、露出を思えば解り易いんです!当たり前なんですけどね。。。
cf.VC METER IIについて

追記:初期 LeicaM6 の取扱い説明書を読ませて頂きますと、
  「ファインダー内に示される三角形のLED は、露出のオーバー又はアンダーを示すとともに、適正露出を得るために必要な絞りリングの回転方向も指示します。」
と在りました。ここでも”指示”となっていたのには驚きました。確かに、それですと、ファインダーを覗いたままで絞りリングだけを回転させれば良いですけど、ボケとかも楽しむのには半分な説明となりますよねぇ〜

それにしても、手にした感触とずっしりとした重さが、Canon newF-1 に似ている・・・
それでこんなライカM6とマイライカM2を交換しないかという提案だったのだが、まだ使っていないとやんわり受け流すのだった。。。

(撮影:E-300)
[PR]
by MoBlue | 2014-02-07 19:42 | Leica M film | Comments(2)

マイライカM2

P1250069
ライカM2を手にしてから、常に傍らに置き空打ちを繰り返しているのですが、何が気持ちいいかって、巻き上げレバーのラチェットの音、そしてシャッターが伐れる音ですかねー  しみじみ思うのですが、これってNikonF に通じますねー。
ビューファインダー的には、キャノンVI-LやR3Mのほうが、断然自分は好きなのだけど、ライカM2の持つデザイン、造りの質感、シャッターを伐った時の音には敵いませんねー。キャノン7のファインダーに似ているけど、シャッター音の静かさにはホント敵いません、脱帽です。
ライカM2ボディーへ、キャノンVI-Lのために手に入れてあった35mmF1.5LTMを取り付けてみると、なかなか良い感じで気持ちも高ぶります。
でも、実際にフィルムを入れて撮るかというと、撮りたいんだけど、ちょっとなぁ・・・デジタルの勢いを止められん感じだよなー

(撮影:E-300)
[PR]
by moblue | 2014-02-02 00:38 | Leica M film | Comments(2)

いい感じ〜・Reid III

Reid III + Canon35mmF1.8
このボディーは、ライカIIIa と並んで俺の好きなReid III のボディーなのだが、今の時代、どうしてもレンズが主役である。テーラーホブソンのレンズがセットなのだけど、なかなか装着することができません。価格&品薄が原因なんですけどねー

ここへきて思っていたよりフルサイズNEXなるものの価格が安いのは朗報だが、そうなると、レンジファインダーのレンズの高騰が、必ず起きるように思われる。ただでも高価なレンズが遠のいちまうよなー。今、買い集めて、高騰後に売るか ってもう遅いよなー

ってことで、手持ちの Canon35mmF1.8 を装着し空打ちで気を紛らわしていると、来年早々にNEXの最上位機種が来るようなことを知った。が、そうなると、ますますテーラーホブソンのレンズを装着できなさそうだよなー って、瞑想の中、勝手に手が動きガチャガチャ空打ちを続けるのだった。。。はは

自分で言うのもなんですが、このアップした写真って、なんかのポスターに使えませんかね? 
世界骨董カメラ市とかの文字が入ったら最高だと思うのだけど、どでしょ、、、はは
[PR]
by moblue | 2013-10-05 14:28 | Reid III | Comments(2)

Super-Takumar 50mmF1.4

Super-Takumar 50mmF1.4 (2nd)
俺にとって初めての M42 マウントだ。かねがね、M42 なる世界のレンズ群を試してみたかったのだが、踏み切れないままにいた。このごろ夢中なレンズマウントアダプターが背中を押してくれた感じで、Pentax Super-TAKUMAR50mmF1.4をいってみたのだった。
いつだったか2番ではダメんなんですかってセリフが話題だったが、昭和39年に発売されたこのPentax Super-TAKUMARは世界初の一眼レフ50mmF1.4だったようです。私見ですが、ボディーの造りが素晴らしいです。先日のCarlZeissPlanarに似た削りだしのようで、のちのゴムを使った50mmF1.4とは雲泥の差に思えたです。ゲットしたSuper-Takumar ですが、レンズ枚数が少なくなったセカンドバージョンでありアトムレンズらしいのです。もうちょっと知りたいので、知り合いに頼んでガイガーカウンターで計測を考えています。このレンズを透かすと黄ばんでいます。Zuikoレンズに見られるような感じです。黄ばみのひどいものは、紫外線を照らすことで改善するそうです。
っで、能書きは早々にEos に取り付けて試写したかったのだが、手違いでM42-EOSマウントアダプタが遅れている。だもんでこの機会に、M42-Kマウントアダプタを導入しようと思うのだ。これは基本らしいですね。
そうそう、Takumar が、梶原琢磨という人の名前からきているとは知らなかったです。。。

追記:M42->αマウント変換アダプタを使い、α900にて使っています。
(撮影:Olympus E-300)
[PR]
by moblue | 2011-12-05 00:25 | その他 | Comments(8)

Carl Zeiss T*(star)

Planar T* 1.4/50 ZE
サイバーショットのレンズ取り付け部に書かれている文字列が、良く読めなかった。。。それが、後ほど知る”カールツァイス”であった。だが、知らなくても撮った写真を見ると色とかが好みなのだった。
カールツァイスについては、会社創業から会社分断、そして現在までを、ウィキとかいろいろ調べれば、判り、レンズ会社と理解されるのじゃないでしょうか、。レンジファインダーレンズのCanon50mmF1.5LTMとかが、カールツァイス・ゾナー50mm F1.5を手本に設計されているとか、ロシアンレンズのJupter3(50mmf1.5)がツァイスを源流に持つとかあり、ツァイスに魅力を感じていた。そして、EF マウント用のCarlZeiss Planar T* 1.4/50mm ZEを知った時、伐ってみたいと思ったのだ。
そーんなツァイスが、大手量販店のリサイクルコーナーに置かれていた。俺の持っているEosで試させてもらった。良い意味で、なんか色が違う! するとどうでしょう、なんか、なんかマウントに強力接着剤があるがごとく、俺の脳が痺れ、手が動かなくなってレンズを外せなくなっちまった。そのまま持ち帰ってきたのだった。。。はは。
私見ですが、おおっと思ったのは、金属フードだ。EFマウントのCanonレンズでは、フードは樹脂製なせいか、このフードはなんか新鮮ですし、精巧にできており装着&脱着時の感触が良いです。
そうそうこのレンズのピントは、マニュアル操作のみです。OM-EOSマウントアダプターでのOMレンズでの撮影に似ています。忘れていましたが、CanonT90Tankがデジタルになった感じです。
ネットに掲載されているこのレンズで撮った写真を見ると、色鮮やかでとても良い感じだし、ボケも良い感じだし、特にボケの中に真珠のような美しさが見れるのだった。アップしたレンズの写真には、Canon UV フィルター(58mm)が取り付けられてる状態です。
っでまぁ、Cマウントアダプタ等を後から知り、OM-EOSアダプタに接しちょっと複雑でもある。真のカールツァイスは、独逸、否、どいつかな。。。
追記:明るいマットを入れてますが、視力の弱い人には、厳しいレンズかと・・・フォーカスエイドが使えるけど、本来の醍醐味は削ぐ・・・

追記・
2013.09.09 αマウント用のCarl Zeiss Planar T* 50mmF1.4 SSM(Sony SAL50F14Z)を手にし、SSM によるAFの動作の速さと静かさに驚かされました。マニュアルには戻れない感じです。Eos1でもAFなら最高かと、。
2013.12.31 ↑しかし、視力が弱くても、SONY α7のEVFによる変倍ファインダーのおかげで、マウントアダプタを介してCarl Zeiss Planar T*50mmF1.4SSMを装着しますと、AT<->MF&ピント拡大よりピント絞り込みができるのには感動する。細いモノ等にピント合わせするときに、驚かされました。
(撮影:E-300)

[PR]
by moblue | 2011-11-25 23:58 | その他 | Comments(2)

きのうの千葉

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by moblue | 2010-07-15 10:55 | その他
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by moblue | 2009-05-17 05:56 | その他

千葉ポートタワー

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by moblue | 2009-01-19 19:52 | その他

一写入魂派なもんで、トリミング&ペイントは、しません。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー


by MoBlue