タグ:Super-Takumar50mmF1.4 ( 6 ) タグの人気記事

煙草を持った女王さま

How is tobacco?
青いターバンの少女の公開最終日は、正月休み最後の日曜ということで、新幹線の東京行きの予約が思惑どうりには運びませんでした。俺はタバコを吸わないのだが、たぶん6日は、俺の体も疲れ、帰省客でもいっぱいになるであろうから、予約席の残りわずかで、しかも喫煙座席だったけど、通路側をお願いしたのだった。その時は、セカンドハンドスモーキング確実かぁーと落胆したが、同じような考えの方は居るようで、実際に乗車してみると周りでずっと吸わない人が多かったです。
そんな喫煙車両のなかで、俺のゴーストが久々に撮れとささやくのだった。
しかし、喫煙車両のうっすら霞がかかった中でEOS1を使うのは、やだな ってのと、小っ恥ずかしい ってのと、このショットはEOS-1D X じゃなければ っていう気持ちが交錯するのだが、手っ取り早くこのシーンを、α900 で、とにかく撮るのだった・・・ファインダーを覗きながら、一番に思ったことは、んーー俺、煙草になりたーい。。。
でもなんか、気に食わなかったら、「何言ってんの」とばかりに煙草を押し付けてきそうな女王さまの雰囲気がする親指でした。。。はは

追記:このレンズは、呪文をかけられたように、気持ちにまとわりつきますぜ、色合いとボケ感が実にいいんだよなぁー
[PR]
by moblue | 2013-01-25 00:33 | Sony_α_system | Comments(4)

解せん

waiting
なんていいますか、「オランダのモナリザ」というほどのモノを観たのだが、ダーツベーダーがごとく、気持ちは「げせん!」
そんなこんなぼやきながらの気持ちで見かけましたいい感じの新神戸のモナリザに、一枚伐らせていただきました。
[PR]
by moblue | 2013-01-24 20:56 | Sony_α_system | Comments(0)

南京町辺り

NankinMachi
この景色を見た瞬間、ネットのどこかで見た記憶があるのだった。
ここは、南京町の路地です。
AF50mmのレンズを忘れちまって、superTakumar50mm一本道です。
EOS1デジタルを持っていたのだが、小っ恥ずかしくて出せなかった、、、ちゃんちゃん
[PR]
by moblue | 2013-01-22 11:35 | Sony_α_system | Comments(0)

for新神戸

seats in the morning light
青いタ○バンの少女を観ようとは、決めていたが、この日となっちまった。
そんなプチ盛り上がっている新幹線のぞみ内での目に入って来たシーンです。時折、朝日が横からシートを照らしたとき、なんか異なるシーンとなり鮮やかな色が目に入ってきました。
伐ってみるのだった。。。いい感じー

(M42->α マウントアダプター使用)
[PR]
by MoBlue | 2013-01-07 20:20 | Sony_α_system | Comments(4)

M42->αマウントアダプタ

M42-a900 mountadaptor
謹賀新年から早2日目だがもうすぐ3日目かー。不規則な生活に慣れてきたのに、正しい生活に戻るには、このまま寝ないで不規則を正しい規則に戻そうかな。。。はは
α用のマウントアダプタを探してみた。おぉー、有るではないか、M42->αだが使ってみたいぜ。良ければボディーも小型な900だし良い感じかと。
そして、手にして早速、伐ってみました。いい感じです。AF50mmf1.4と交互に伐ってみるのですが、なんか、Pentax Super-Takumar 50mmF1.4 のほうがいい感じに撮れるのだった。マニュアルってのが辛いですが、拡大してみると、確かに、Pentax のほうがピントの位置が正しいのでうまく撮れるのだった。AF50mmは先日、清掃したばっかりだったのでちょっと凹みます。。。トホホ
本日、激しく感じたのは、パソコンが非力ということ。RAWの処理がサクサクじゃなーい。
[PR]
by moblue | 2013-01-02 23:12 | Sony_α_system | Comments(6)

Super-Takumar 50mmF1.4

Super-Takumar 50mmF1.4 (2nd)
俺にとって初めての M42 マウントだ。かねがね、M42 なる世界のレンズ群を試してみたかったのだが、踏み切れないままにいた。このごろ夢中なレンズマウントアダプターが背中を押してくれた感じで、Pentax Super-TAKUMAR50mmF1.4をいってみたのだった。
いつだったか2番ではダメんなんですかってセリフが話題だったが、昭和39年に発売されたこのPentax Super-TAKUMARは世界初の一眼レフ50mmF1.4だったようです。私見ですが、ボディーの造りが素晴らしいです。先日のCarlZeissPlanarに似た削りだしのようで、のちのゴムを使った50mmF1.4とは雲泥の差に思えたです。ゲットしたSuper-Takumar ですが、レンズ枚数が少なくなったセカンドバージョンでありアトムレンズらしいのです。もうちょっと知りたいので、知り合いに頼んでガイガーカウンターで計測を考えています。このレンズを透かすと黄ばんでいます。Zuikoレンズに見られるような感じです。黄ばみのひどいものは、紫外線を照らすことで改善するそうです。
っで、能書きは早々にEos に取り付けて試写したかったのだが、手違いでM42-EOSマウントアダプタが遅れている。だもんでこの機会に、M42-Kマウントアダプタを導入しようと思うのだ。これは基本らしいですね。
そうそう、Takumar が、梶原琢磨という人の名前からきているとは知らなかったです。。。

追記:M42->αマウント変換アダプタを使い、α900にて使っています。
(撮影:Olympus E-300)
[PR]
by moblue | 2011-12-05 00:25 | その他 | Comments(8)

一写入魂派なもんで、トリミング&ペイントは、しません。『 写真は、50mmに始まって50mmに終わる 』って感じですかねー


by MoBlue